« ストレスが酒を飲む | メイン | URL移動のご報告 »

2005年6月30日

やることに困らない4歳の子どもがうらやましい

 お酒を飲まないと、人生を二倍に使えるのではないかと思う時があります。食事をして、お酒を飲むといい気持ちになって、後は寝るだけですが、飲まないと通常の場合なら、それから寝るまでの間、自由な時間が何時間か残ります。

 私の場合は現在4歳のよい子のおねむの時間に従って、遅くとも9時30分には床に入ってしまおうとするので、酒を飲まなくても、残りの時間はありませんが。(子どもを寝かせて何かしようと思うなら、もう一度夜中に起き出すか、朝早く起きてごそごそやるかですが、どちらもちょっと次の日にこたえます。)
 それはさておき、仕事がそれほど日常生活にまで浸食してこないなら、食事以外の時間のかなりな時間が、本当は自由な時間として残るはずです。
 皆さんはその時間をどうお使いでしょうか。今頃の日が長い季節になると、たまに定刻に仕事を終えて帰宅すると、これからもう半日ほども余分の時間が恵まれているような気がするのは私だけでしょうか。
 お酒を飲まなければこんなにたくさんの時間が自分に与えられていると分かっていても、ついお酒を飲んじゃうんですよねえ。
 でも本当は、「お酒を飲まなければこんなにたくさんの時間が自分に与えられていると分かっているから」逆にお酒を飲んでしまうのじゃあないかと私は思います。
 自分自身に与えられた自由な時間がふんだんにあって、その自由な時間をどう使っていいかもてあまし、恐れて、お酒を飲んでごまかしてしまうのではないかと思うのです。
 自分に自由になる時間がいっぱいあるとして、皆さんはそれをどう使うでしょうか。例えば、とても忙しかった仕事の合間にふっとできた休暇なら、「あれをしよう」「これをしよう」と誰しも思うのですが、そのような時だけではなく、人生の中で、与えられた時間を自分自身の責任で全て管理して消化していかなければならないとすれば、かなり大変なのではないでしょうか。
 定年退職して濡れ落ち葉になるという話はよく聞きます。確かに会社ではそれ相応の地位にいて、色々な人がそれ相応の対応をしてくれたのに、その肩書きがなくなった途端に見向きもされなくなるということもあるでしょう。
 でも私は、そのことよりも、自分に与えられた全ての時間を自分の責任で、自分が意義があると思える形で消化していかなければならないことの困難さが問題なのではないかと思います。
 仕事をして、それで満足かといえば、それはそれで不満はいくらでもあるわけですが、少なくとも仕事を自分の人生にとって必要ないと思っている人はいないでしょう。仕事の場合は、それをやっていれば、「それをやることが、自分にとって意味のあることか」「やるべきか、やらざるべきか」という根本のところを自分に問う必要がいっさい省略されるのです。
 私は色々多趣味だと思われていて、私の妻でさえが「私が退職してもやりたいことがいっぱいあって、濡れ落ち葉になるなど想像できない。」というのですが、ことはそんなに簡単ではありません。私のような「遊び人」と思われているような人間でさえ、おそらく仕事があるから、それを支えにして、それを柱としてと言ってもいいかもしれませんが、ちょろちょろと本質的な部分ではないところで「遊んでいる」というだけのことが多いのではないでしょうか。
 つまり、仕事を取ったら何も残らないのです。
 このように、「与えられた時間を自分自身の責任で全て管理して消化していく」というのは、普通想像する以上にかなり困難なことなのです。しかし、「何をして過ごせば自分が豊かに感じて過ごしていられるか」ということをぼちぼちにでも考えていかないと、結局仕事や育児や、その他自分が無意識のうちに依存して生活しているもののために自分の人生をすべて献げてしまうことになります。普通人は何もそんなことは考えずに、たぶんその時々で色々一生懸命考えて結局自分の人生などは生きていないのではないでしょうか。
 その点、4歳の我が子を見るととてもうらやましいです。今何をやりたいかがはっきりしていて、寝るのが嫌で、常に「今」これをやりたいということを持って生活しているのですから。

投稿者 nekofumio : 2005年6月30日 19:24

« ストレスが酒を飲む | メイン | URL移動のご報告 »

http://www.neko01.com/keihatu/blog/2005/06/post_3.php   
Copylight (c) 2004-2005 Neko Fumio(neko@neko01.com)