Top>電子工作 > 電源 > 5V12V電源

5V12V 電源

合格発表
 これまで、車の部品を家で点検する際には、ACDCコンバーター12Vの基盤をパーツ店で見切り特価で売っていたやつをタッパーに入れて使っていました。
 もっと以前は、無線機用に買ったとても大きな安定化電源を、「よっこらしょ」としまい込んでいる箱から出して、一々持ち出してきていたので、それに比べれば、とても手軽に小電力の車のパーツの点検ができるようになっています。
 今回100円ショップのセリアで、金属製の箱を見つけたので、ちょっと見かけにこだわって、装いを新たにしてみました。
 写真に写っていない出力部分は、車の工作で多用するギボシ端子にしてあります。
 金属箱からコードが出る部分は、ゴムブッシュを挟んで、保護してあります。

電源ユニットが安すぎる

 今回アマゾンで結構ハイパワーの電源ユニットを安く売っていたので、それを試しに購入してみました。

 

 5V6Aと12V5Aの電源ユニットです。これをダイソーで売っている弁当箱に入れて使おうかと考えていましたが、よく考えると、このユニットは放熱用の穴があけてあるのに、それをわざわざ箱にしまい込んで熱をこもらせるのはよくないような気がします。

合格発表
 でも、コードをむき出しでねじ止めするだけなのも、コードがちぎれそうでよくないので、ケースの横に10mmほどの穴をあけ、そこにゴムブッシュを付けて、その中にコードを通して、固定してみました。
 底には、ダイソーで買った滑り止めのゴムを貼ってあります。
 これらの製品は、中国からとっても安価でやってくる品です。はるばる海を渡ってくるのに、とっても時間はかかりますが、動作確認したところ、きちんと動いているようです。
 但し、5Vの方は小さいですが、「キーン」という耳障りな共鳴音がします。12Vの2つ目を買ったところ、最初のは鳴らなかったのに、こちらも同様の音がします。これらはどうもオーディオ用の電源としては向かないようです。
 上の黒箱でも不自由してはいないので、「そんなに電源ばっかり買ってどうするの」という感じですが、これらの電源の方が大きさは同じぐらいなのに高出力なので、用途は少し広がるかもしれません。
 これらは、電源入力時にはLEDが点灯するので、むき出しで使うと、それがきちんと確認できます。
 一番右には出力調整ねじがあるので、電圧の微調整ができます。

穴あけステップドリルもアマゾン

 穴あけ用のステップドリルも、「欲しい、欲しい」と思いながら、日本で普通に買うと1本2,000円くらいするので、なかなか買えずにいました。でも、これなら、3本もついてとても安価です。
 思わずすぐに注文してしまいました。
 今まで、ドリルを使ってもなかなかうまくいかなかった穴あけが、これを使うと簡単にできるようになりました。
 なお、アルミなどの金属に穴あけする場合は、切削油を使った方がいいようですね。使うとドリルの切れが全然違います。
 これまで、そんなことも知らずにドリル歯を使ってきたので、いらないところで、歯をかなりだめにしてしまったような気がします。
 さすが、餅は餅屋で、これを使うと、車のスイッチ穴の加工など、これまで苦労していたことが、とても簡単にできてしまいます。