アウトドアに関するあれこれ

 Top > Outdoor > stove > gasstove > BL100-B3+cb

BL100-B3+CB缶アダプター

 安価さに吊られて、写真のような中華ストーブ(シングルバーナー 大型鍋 家庭ボンベアダプターサービス 0405-1)を買ってしまいました。送られてきた商品の箱には、PORTABLE STOVE BL100-B3と書いてあります。重さはビニールの収納ケース込みで277gでした。
 これだけ大きい五徳(ごとく)のカセット別体型のストーブを日本製で手に入れようとするととんでもない金額なので、カセットボンベ用のアダプター付きで2,000円くらいならダメ元でだまされてみようかという感じです。
 手に入れてみて、五徳の針金をたたむとき本体から外れやすいのが少し鬱陶しいのと、いつか、点火装置がうまく作動しないことがあって、何もしないのに復旧したことがあったのと、収納用のプラケースがないので、リュックなどに裸で収納していて、何かの拍子に点火装置などに無理な力が加わるとすぐ壊れそうなのがちょっと気にかかる程度で、火力も結構強く、十分実用になります。
 特に大きな鍋を使うような場合には、ボンベの上にストーブを付けるような一般の携帯コンロなどとは安定感が違います。
 しかし、逆に小さいコッフェルのようなものを暖めようとするには、五徳の間が広すぎて、うまく乗らないこともありますが。

ボンベ別体型の利点

 ボンベ別体型の利点は、五徳があまり高くならないで安定していることと、火に近づけてボンベを暖めることが出来ることです。
 ご存じの通り、カセットボンベは40℃以上にすると爆発するので要注意です。しかし、それ以下の範囲でなら、ボンベを少し火に近づけて暖めることが出来ます。
 ボンベは使っている内に冷たくなってくるので、寒冷時などは暖めてやらないと勢いのある炎が持続しません。このため、他のストーブなどでは、炎によって暖められたブースターでカセットを暖めるような商品も存在します。
 ボンベ別体型のストーブの場合、気をつけながらボンベをストーブ寄りに近づけることによってボンベを暖めることが出来るので、ドロップダウンを押さえることが出来ます。

ダイソーでケース発見

ストーブケース
 前述の通り、ケースは必需品です。現物をダイソーに持っていって、色々物色していると、これを入れるのに誂(あつら)えたようにぴったりのケースを発見しました。「新鮮レンジパックB スリム 715ml」というやつです。
 あまりにぴったりすぎて、スポンジでくるむ余裕もありませんが、中でごそごそすることもないので、問題ないでしょう。
 CB缶アダプターを付けたまま収納できます。

CB缶アダプターは取り扱い注意

 ただ付属のCB缶アダプターの取り扱いには十分注意する必要があります。これを使う際の取扱説明が、説明書どころか、販売ページにも全くないにもかかわらず、誤った使い方をすると重大な事故(火災)につながりかねないからです。
 本来カセットコンロのボンベ(CB缶)は、取り付け部分の切り書きがある方を必ず真上に向けて取り付けなければなりません。普通のカセットコンロなどでは、ユーザーがそのようなことに改めて注意を払わないでも、絶対ボンベがそういう向きになるように取り付ける構造になっています。
 ですが、この製品に付属するアダプターのような製品の場合、使用者が改めてボンベの向きに注意を払わなければ、どのような向きにでもボンベがなってしまいます。その結果、特にボンベが新品の場合など、ちょっと向きが下になっただけでも、本来気体になってから燃焼機器にいかなければならない燃料が、液体のまま燃焼機器に流れ込み、黄色いとっても大きな炎が突然吹き上がることになります。
 かくいう私も、このようなボンベの向きのことなど全く知らずにこのアダプターを使おうとして、何度か炎を吹き上げさせた後、色々試してみたり、ネットで調べたりして、やっとこのような解答にたどり着いたのでした。
 カセットボンベの切り欠きを必ず上にしておけば、炎が突然吹き上がるようなこともなく、最初から普通に使えます。ですが、このアダプターは向きを固定しておくような構造になっていないので、普通に置いておくだけでは極めて不安定なのです。このままでは、安心して気楽に使うことはできません
 ですから、なるべくお金をかけないように固定台を自作します。
 材料は、昔他のことに使って余っていたヒラコウという単なる鉄の平べったい板です。どこのホームセンターでも、1mほどの長いものが300円ほどで手に入るし、余分な穴も開いてはいないので、結構色々なことに使えます。これを、万力に挟んで2カ所ほど曲げて、適当な大きさになるところで、ディスクグラインダーで切断しただけです。手の力で曲げることができるほどやわな鉄板ではないので、金槌で叩いて曲げます。
 それに缶を挟んで安定するように、ゴムでも貼り付けようかと思っていたところ、作業をしているとき、オーディオの保護用に付いてきたのり付きのスポンジのようなものが目に付いたので、それを缶を挟む側に貼っておきました。
 ちょっと見かけをよくするためにスプレーを吹きかけておいたので、結構それらしく仕上がっています。
 ひょっとすると他の人も使うかもしれないところにストーブを置いていたので、そのような時でも危なくならないように、テプラで注意書きを書いておきました。(写真はクリックで拡大します。)

カセットボンベ固定台 カセットボンベ固定台 カセットボンベ固定台


カセットボンベの構造

 カセットボンベの構造は、前述の通り、切り欠きの部分を上に向けて使うように作られています。
 カセットの内部で、燃料供給用の管がL字に切り欠きの方向に上に曲がっていて、下に液体燃料があっても、正しくカセットがセットされていれば、上の方の気体部分だけが供給される仕組みです。
 ところが、L字の先端部分が、液体燃料より下の方に漬かってしまうと、燃料の供給が液体燃料になってしまうので、突然炎が吹き上がってしまうのです。
 特にカセットが新品の場合、残っている液体の燃料が多いので、ちょっとボンベを横に向けただけでも、燃料供給管が液体燃料に漬かってしまいます。
 ところがほとんど使ってしまったボンベでは、液体がほとんど残っていないので、少々ボンベを横に寝かせても燃料供給部分が液体燃料に漬からないので、安定した発火になることが多いのです。
 また、ある程度使用して、ストーブ下の燃料供給部分が十分暖まっていると、ボンベから液体燃料がストーブに流れ込んでも、暖まった燃料供給部分を燃料が通っている内に気化してしまうので、ストーブの暴走もやっぱり起こりません。
 このような原理になっているので、それを知らずに使っていると、「だいたいまともに使えることが多いのに、コックをひねって大きくしすぎると暴走する。さすが中国製は、訳が分からず不安定で、とっても危なくて使えるものではないな」というような評価になってしまうのです。
 CB缶アダプターなどは、やはり分かっている人にしか危なくて使わせられないキワモノだという所以(ゆえん)です。

販売者自身が無神経すぎることも

 固定台を自作しなくても、右のようなカセットの向きを限定できるCB缶アダプターも販売されています。これなら足が付いているので、その気になりさえすれば、缶の向きを正しく保つことも可能です。
 でも、意識してそういう置き方をしなければ、どのような向きにでもやはり置けてしまうので、これを使えば大丈夫だとはいえません。
 現にこのようなアダプターを売っている販売者の紹介ビデオに、いい加減な方向で使用紹介しているものなどもあったりします。
 このような販売者は、「危険なものを販売している」という自覚が無さ過ぎです。ビデオでは生ガスが出て黄色い炎が出ているのを出力つまみでガスをおさえて目立たなくしています。おそらくボンベのガスが満タンではないためこれくらいの炎の量で済んでいますが、このような使い方をすると、危ないことこの上ありません。
 きちんとした使い方をしていれば、「家庭用ボンベで仕様の場合は火力が安定するまで 時間がかかります。 また、着火時に家庭用ボンベでの使用ですと 火がつきにくい場合があります」(誤字は原文のまま)というようなことは全く起こりません。ボンベの向きをでたらめにするからこうなってしまうのです。
 販売者は、自分の取扱商品の特性をきちんと把握した上で、購入者にもきちんと取り扱い方法を伝える責務があると思います。
 このようなアダプターを売っている販売者には、いい加減な人が多すぎます。

アダプター購入もありかも

 私が作った固定台が69g、左のような商品が40gですから、改めてアダプターを買うのも一手です。
 これは、アダプターと燃料ホースとの方向が自由に回るので、燃料調整つまみの方向を自由に設定でき、冒頭のアダプターよりも、燃料ホースが付いている機器との接続には、意外と使い勝手がよいようです。
 バーナーに付けっぱなしにしておいても、軽量だし、収納にも全く邪魔にはなりません。
 ただ、このアダプターは、下に書いたようなコンロのガス漏れ不調があったときに色々触っていると、普段使っているときには全く気づきませんでしたが、カセットを接続している状態で、ぐさぐさ揺すると、ガスがかなり漏れるようです。そのような無駄な操作をせずに普通に取り付けたまま置いておくときには、ゴムの復元力でガス漏れなどはないようですが。

なじかは知らねど

 OD缶使用の機器をCB缶で使うアダプターやガス詰め替えの存在を知って、禁断の領域に一歩足を踏み込んでしまったので、色々な種類のアダプターを考られるだけ購入してしまいました。
 それを一応点検しようとして、どのアダプターもどのアダプターも、ガス漏れがします。「外れをつかんだか。さすが中国製。それにしても、どれもこれも。」と思っていたのですが、後日改めて屋外で色々やってみると、ある1つのボンベの場合だけガスが漏れるようです。
 会社による相性があるのか、それともこのボンベだけ色々やっている内にどこかがおかしなことになっているのか。
 その後色々なボンベで使用してみましたが、おかしな現象が起こるのは、どうも一つのボンベだけのようでした。このボンベが一つだけ、どこかおかしかったのかもしれません。

ついにガス漏れ発生

カセットボンベ固定台
 2012年10月に購入してから、卓上で鍋などをするときにかなり頻繁に使ってきました。しかし、ついに2年ほど経った頃、調節つまみの所からガス漏れをするようになりました。ボンベにまだガスが残っていたはずなのに、ある日空っぽになっており、次のボンベを付けると、明らかにガス漏れします。
 こうなってから改めて分解して構造を眺めてみると、ガス調節つまみの取り付け口の所や、調節つまみとは反対側の燃料パイプが取り付けてある側の先は、Oリングでガス漏れを防いでいるようです。
 ですから、構造がこんな簡易的なものですから、使い続けていれば、この手の製品では、Oリングの劣化にともない、必ずガス漏れは起こります。
 普通ホームセンターに売っているようなカセットガスコンロでは、さすがにガス調節つまみには、Oリングなどは使っていないのかもしれません。しかし、それらの場合も、ボンベ取り付け口の所には必ずOリングが使用してあります。
 ですからメーカー品をたとえ買ったとしても、カセットコンロのようなものは、あまり古くなったものは、使わない方が安心なようです。

Oリングの代替え部品を探したい

 たとえばコールマンなどの場合、交換用Oリングをかなり高価ながら売っていたりします。
 ところが私が買った中国製のどこのものとも分からない製品の場合、交換部品などは手に入るはずもありません。購入時の化粧のない白箱に書いてあったBL100-B3などという形番からすると、BULIN製なのかもしれませんし、もしかしたらそのまがい物かもしれません。それにもし交換部品があったとしても、コールマンのように高価すぎるなら、本体ごと買い換えても2,000円程度ですから、部品交換の意味はありません。
 そこでOリングだけ手に入らないか調べてみると、行けないこともないところにOリングを専門に扱っているメーカーを運良く見つけることができました。

Oリングの材質・大きさが微妙に違う

カセットボンベ固定台
 左の写真のような構造(写真のクリックで拡大)を見て、当初4つのOリングはどれも寸法は同じだろうと思って、店につまみの部分だけのサンプルを置いて、注文していました。ところが、納品されたOリングを4つの溝に取り付けてみると、どうもホース側の方が緩すぎます。これで組み立ててもガス漏れは止まりましたが、なんか気持ちが悪い。
 それで、よくよく見比べてみると、ホース側とつまみ側とではOリングのサイズが微妙に違うようです。調べてもらったところ、左つまみ側2つが、1.78×2.57 ID、
ホース側先端部分(写真左)が、1.9×2.8 ID、ホース側ホース寄り部分(写真右)が、1.78×2.9 IDと、ホース側の方は、左右でも大きさが異なるそうです。
 もともと、ホース側の方は先端部分(写真の丸い台座に筒がある方に近い方)が茶色、ホースより部分が黒色だったので、材質が違うのだろうとは思っていましたが、ここまで寸法が違うとは予想外です。
 (なお写真は、交換後のものなので、色は全部黒です。)
 材質については、ホース側先端部以外はすべてNBR(ニトリルゴム)で、ホース側先端部はFPM(フッ素ゴム)だったということです。
 フッ素ゴムの方が耐熱性の面で高性能だということですから、値段も大した違いはないので、私はすべてFPMにしてもらいました。
 これで一応復活したので、様子を見ることにします。

Oリング専門店ってすごい、面白い

 最初に部品を持っていって、これに使えるOリングはないかと相談に行ったとき、「型がないか探してみる」と言われました。「自社に型がないと型から作らなければならないから」と。
 たかが本体が2,000円もしないノーブランド品の修理のために型を作るなど考えられもしないことなので、「そこまでたいそうなことをする気はない」ということを説明して、部品を探してもらったのですが、もし型さえあれば、既製品が無くて新たに今回のためにOリングを別注してもそれほど大した金額にはならないようです。Oリングだけが原因で使えなくなった製品が手元にあれば、「作ってもらう」という大胆な選択肢も案外あることが分かりました。
 また、元の部品さえあれば、材質や寸法なども調べてもらえます。そんなことをして数個のOリングを売っても、元は取れないでしょうけれども、親切に対応していただいたのには頭が下がりました。Oリング関係の部品調達には、明るい見通しがたったので、今後のこの方面の修理については、これまでどうにもならなかったものが何とかなる場面も多くなりそうです。

 

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional