IP電話固定電話化

 フレッツ光を解約してしまったので、光電話が使えなくなったものの、今更元のNTTの電話回線を契約する気にもなれず、IP電話の固定電話化を図ることにしました。
 でも、そこはやはり際物(きわもの)、実際に使えるようになるまでには、何でもないところで、トラップがたくさんありました。

IP電話固定電話化の概要

 LAN回線やWiFiの情報通信を使って通話する契約を使って、それを固定電話で使えるようにします。これらは本来スマホやパソコンで通話するためのものですが、IP電話用のアダプターを使うことで、固定電話でも通話が可能になります。
 私が試してみた契約は、050Plusとbrastelの050fleeです。
 機器は、
   LAN→IP電話用アダプター→固定電話
の様に接続します。
 設定はLANに接続しているパソコンで行います。

 私は、先人がよく使っている機器が間違いがないだろうということで、IP電話用アダプターには、GrandstreamのHT702をアマゾンで購入しました。
 これは、電話番号を2回線分設定できる機械で、電話とファックスとか別番号を2回線使おうとする場合でないと、本当は1回線分の安い機械で十分でした。
 HT702の場合、お試しの段階で、この2つに050Plusとbrastelの設定をしておくと、いつでも電話線を1・2に差し替えるだけで、どちらからでもすぐに電話を受け取ることができます。
 電話線を抜き差しするのに、再起動などは全く必要ありません。

050Plusとbrastelの050flee

 050PlusはNTT Communicationsの契約で、月使用料が300円かかります。ただし、OCN モバイル ONEの音声対応simを契約をしている場合は無料、データ通信専用simの場合は150円で利用できます。(いずれも税抜き価格)
 それだけ聞けば、OCN モバイル ONEに割安感が漂いますが、実は、3G契約の場合、他社よりも200円高なので、この料金設定はかなり微妙です。私は、これに騙されました。
 契約すれば050番号がもらえて、この番号はNTT系の多くのIP電話たちと無料通話ができます。
 通話料は割安で、着信通知や留守録をメールで受け取ったり、電話の転送をすることができます。
 brastelの050fleeは契約自体は無料で、通話料だけで利用できます。これも050番号がもらえますが、こちらの無料通話は、brastel同士だけです。
 通話料は、050Plusよりもさらに割安ですが、料金はプリペイド式です。着信通知や留守録の機能などはない他、こちらからの通話の際に、「***分ご利用できます。ブラステルのご利用ありがとうございます。(このうち1分未満は無料です。)このまましばらくお待ちください。」というようなうっとうしいアナウンスが、通話の度にあります。
 ただし、050Plusの場合、アプリを複数インストールできても、有効に機能するのは、最後にログオンした機器だけであるのに対して、brastelの方は、複数が機能する様です。
 もちろん同時に通話はできませんが、同時に呼び出が鳴動して、取った方の機械で通話ができます。
 自宅の電話番号をスマホにもセットしておくというような使い方ができるのは、brastelの他にはない特徴です。

FUSION IP-Phone SMARTはパス

 固定電話化できるIP電話としては、他にもFUSIONのIP-Phone SMARTがあります。初期費用が無料で、通話料のみで使えることから、スマホには最初これを入れていました。
 しかし、これは固定電話への通話料が他と比べて高いので、固定電話化に採用するのは見送りました。
 家の電話は固定電話と通話する場合が多いので、通話料が高くなるのは痛いからです。
 また、家の電話は、比較的広く告知してほおっておくことが多いので、サービスが突然終了してしまうのも困ります。その点では、050Plusが一番安心感があるかもしれません。

同じクレジットカードで複数番号を取得する際、または以前にご利用されていたカードを再登録する際は番号発行手数料を1回につき500円頂戴いたします。

 初期費用は無料ですが、このような制度で受信のみの場合はお金を取る仕組みになっています。
 契約が切れて再契約になると、番号も違うものの再発行になってしまいますから注意しましょう。
 

brastelって本当に分かりにくい

 brastelのホームページを見ても、050の番号が貰えるのかとか、どんな契約なのかとか、国内通話同士で割安になるのかとか、外国との通話の宣伝ばかりが目立ってとってもわかりにくいです。
 プリペイドの料金にしても、キャッシュカードですれば、500円から利用できることなども、全く分かりません。
 とてもいい通話契約のような気がするのに、これはとってももったいないです。

ブラステルカード書

 brastelの申し込みは、黄色のブラステルカードというのを手に入れます。オンライン入金できるほか、サークルKやファミリーマートなどのコンビニなどでも無料で入手できます。
 私の近所のサークルKにはなく後から見ると置いてありました(最初に手に入らなかったとき、本部に問合せしてもらったので、後から入ったのか、それとも最初からあって、店員が知らなかっただけなのか)、ファミリーマートにはコピー機の下あたりに置いてあり、店員が、「国際電話をするやつですか」と持ってきてくれました。
 この黄色いカードにはアクセスコードやSIPパスワードなどが書いてあり、携帯末端に050fleeをインストール後、それらを使ってログインし、設定したり、入金したりします。
 ここで、050番号の発行もして貰えます。
 入金はコンビニなどですると2,000円からのようですが、カードを使うと500円から可能です。500円もあれば相当通話できるので、200円以下になったら自動入金というのを使えばよいでしょう。
 登録には認証のために、cメールが使える携帯番号が必要です。これを持っていない場合や、一つの携帯番号で複数の契約をしたい場合などは、サポートに電話するとやり方を教えてくれます。
 私は、一つの携帯番号で3つの050番号を申請するつもりで、申し込みました。ただし、このようなことをする場合、カードの登録名義人は、実際の使用者の名義ではだめで、全部を一つの名義に統一しないと、カードの発行をしてはもらえないようです。
 登録をすると、お金を振り込まなくても050番号が発行され、発信はできなくても受信のみ可になります。

設定はまず一番単純な設置から

WiMAX

 いきなり複雑な配線をしてしまうと、何が原因で繋がらなかったり、不具合が出たりしたのか分からないので、まずは一番単純な設置から試してみた方がいいようです。
 私はWIMAXルーターに直接つながずに、プラネックスのコンバーター(wifi子機)にハブを接続したところにHT702を最初から接続して、不具合が出ることに悩んでいました。
 結論から言えば、私が使っていたコンバーターが不具合の原因でした。これが通信速度を下げて不具合を起こしていたようです。
 例えば、着信はするけれど通話ができないとか、通話中、音声が届いたり届かなかったりするとか、携帯の方だけに音声が全く聞こえないとか。
 HT702の設定がだめなために不具合が起こるのか、それとも他に原因があるからなのか、早く設定を確定するためにも、HT702は元々のルーターに一番近いところに設置するのが吉です。

 上記の不具合の件は、結局BUFFALOのWSR-1166DHP2というルータを中継モードで使用し、これにIP電話アダプタをつないだところ、あっさり解決しました。

Wimax ルーターW03→2FPC(有線)  ……無線(5G)……  WSR-1166DHP2→1FPC・IP電話アダプタ(有線))  ……無線(2.4G)……古い無線末端  

まずは使用するブラウザを選ぶ

 私は最初Chromeを使っていました。これを使っていて、書き換えても書き換えてもうまくいきません。
 やけくそになって、HT702をリセットしたときだけRegisteredになるものの、設定を書き直してrebootしても、それをRegisteredになったときの設定に戻してrebootしても、いくらやってもRegisteredにはなりません。
 「おかしい、おかしい」でresetすると、その時はまた最初だけRegisteredになります。
 そんなことを何回かやってやっと気がつきました。
 Chromeが何かを書き換えているようです。自分が入力したパスワードは怪しいのでもう一度入れ直してrebootしてもやっぱりRegisteredにはならないので、違うところのパスワードが怪しいですかね。
 とにかく、普通にChromeをインストールしたままの状態で普通にパスワードを保存すると、絶対にChromeがどこかを書き換えていて、そのためにRegisterができません。
 それでブラウザをMozilla Firefoxに変えてから、やっと思い通りに設定変更ができるようになりました。
 ただし、Mozillaもパスワードの登録はしてはいけません。うっかり登録して、Registeredに戻すのにえらい手間取りました。
 (こちらの場合は、登録すると、パスワードだけではなく、そのページの使用者名をブラウザが勝手に書き換えていました。)

050Plusは最後にログオンした機器だけ有効

 「アプリを複数機器にインストール可能」というような記事を読むと、複数機器にインストールしておいても、どれでも電話を取ることができそうに思ってしまいます。しかし、実際には、先にも少し書いたとおり、050Plusの場合は、最後にログオンした機器だけが有効になります。ですから、HT702を設定している途中で、050PlusがインストールされたスマホやPCを立ち上げると、通話がそちらにとられて、HT702経由の方は、全く反応しなくなってしまいます。
 これでは、スマホが立ち上がってからはずっと、固定電話が無反応になってしまいますから、050Plusを固定電話に設定するなら、他の機器にはアプリはインストールしないのが無難で、少なくともPCの場合は、起動時の自動起動から削除することが必要です。
 brastelの方は複数起動可能のようですが、こちらもやはりインストールの順番は大切なようです。HT702の設定が完了してからスマホなどに設定する様にしないといけないそうです。

事前準備も必要かも

 brastelの場合、最初に与えられたパスワードではなく、変更したらうまくいったという記事も目にしました。
 私はいろいろやってうまくいかなくて、パスワードも変更してから、いろいろなことに気づいた後もう一度設定をやり直してすぐにうまくいったので、パスワード変更がどのような場合に必要なのかははっきりとは分かりません。
 もしかしたら、そういう場合があるかもしれないという情報はある、ということです。
 それからたぶんルーターのパワーセーブモードをONにするとうまくいかないと思います。ずっと給電しながらつなぎっぱなしが良いでしょう。
 また、使用する電話機はトーンの設定にしておきます。

IPアドレスを知る

 機器を接続した電話から「***」を押すと、機械的な声で「Enter a Menu Option」という、要するに「メニュー番号を入力せよ」と言ってくるので、「02」を入力すると、「192.168.***.***」(ワン・ナイン・トウ,ワン・シックス・エイト,*****」という番号が帰ってくるので、これをブラウザのアドレスとして入力すると、HT702の設定画面が開きます。
 この音声通知、「4」がとっても聞き取りにくいです。「ウォ-」というように聞こえます。
 何度も聞きすぎて、最初の2つの数字は覚えてしまいました。
 設定してrebootした後に、いくらたっても設定画面に戻れない場合も、IPアドレスが変わっている場合もあるので、おかしいようなら、これで確かめて、その時の正しいIPアドレスを入力すると、ログインできます。
 パスワードの初期値は「admin」です。 (このパスワードをブラウザに登録してはいけません。登録してしまうと、IPアダプタの設定画面で必ずブラウザが悪さをします。)
 ここのところで、自分のルーターが割り振るはずの、「192.168.***.***」以外の番号が設定されているようなら、LANの設定自体がうまくいっていないかもしれません。
 私の場合は、Wimax2のwo3ルーターを固定IPアドレスにする前は、ブラウザのインターネット接続が全くうまくいかないし、このHT702のアドレスもめちゃくちゃな番号が割り振られていました。
 それでも、そのアドレスをブラウザに指定すれば、設定画面にたどり着くことはできますが。

結果的には先人が教えてくれた単純な設定でうまくいった

 タイトルの通りです。先人が説明していないところは、よく分からないなら、さわらないで初期設定のままの方がよいようです。下手にさわるとかえって調子を悪くします。

◎brastelの050fleeはこちらの設定だけ

  「FUSION IP-Phone SMART」や「ブラステル(050)」を固定電話として使う
私は、音声変更の設定はしませんでした。

◎HT702を設置したブラステルから発信ができなくなった

 上の設定で、きちんとブラステルから発信できていたはずなのに、いつの頃からか、受信は普通にできるのに、家電話からの発信ができなくなっていました。
 ネットの情報により、訳も分からず下の設定にしたところ、発信できるようになりました。

・ADVANCED SETTINGS→STUN serverにstun.l.google.com:19302を追加
・FXS PORT2→NAT Traversal をSTUNに
・FXS PORT2→Use Random SIP Port、Use Random RTP PortをYesに

 私は、FXS PORT2にブラステルを設定しているので2です。1に設定している人は、当然1になります。

◎brastel 050fleeの複数設置は要注意1

 brastel 050fleeをHT702だけや、スマホだけで設置したときには支障がなかったのに、スマホとHT702と2カ所に設置しようとすると、私のauのガラケーから電話してスマホで取ったときのみ音声が全く聞こえないという不具合が生じました。逆はきちんと通話できるのに変なの。固定電話からの発着信もまともなのにです。
 この現象についての対策はこちらを参考に。
    HT-702のその後… (4)
複数設置については、HT702とスマホとのコーディックをあわせなければならないそうです。といってもやり方がよく分からない。
 そもそもコーディックってなんぞや?
 単独で設置しているときに、訳が分からないなりに
Preferred Vocoder:
の設定を、050plusの時に影響されたりしながら、全部PCMUにしていたのが、複数設置ではいけなかったみたいです。
 単独だとそれでも何も問題にならなかったのですが。
 リンクの写真を見てみると、どうもこのところの設定はHT702の初期設定と似ていますね。
 chice 3にiLBCが上がってきていて、その他がそれに伴って下がっているみたい。初期設定通りに戻して試してみるのも今更面倒くさいので、リンクの写真の設定通りで行きます。これで、うまく話せるようになりました。

Use First Matching Vocoder in 200OK SDP→Yes
Preferred Vocoder:
     chice 1:PCMU
     chice 2:PCMA
     chice 3:iLBC
     chice 4:G723
     chice 5:G729
     chice 6:G726-32

 それからスマホの方も、050freeの設定画面→アカウントの設定から、
WiFi、3Gともに
  利用可能コーディック
   G.711 u-Law
   GSM
という順で設定します。

◎brastel 050fleeの複数設置は要注意2

 上の記事を書いていましたが、どのような具合で支障があったのか、長い間がたったので忘れてしまいましたが、まだ同じ番号の複数設置ができないでいました。
 今回、brastelの推奨ソフト050freeではなく、Zoiperという設定ソフトを使うことで、設定がやっとできたので、報告します。
 Zoiperを使ういいところは、同じ番号のbrastelをHT702とスマホとにインストールすることができるだけではなくて、一つのスマホに、brastelの違う番号を設定して、待ち受けは両方、発信はいずれかを選んで行うことができるようになる点です。
 これを使うことで、スマホにも家電と同じ番号を設定しておいて、家の番号を通常は使用して、家には、別番号からHT702の家電に電話するという使い方ができるようになります。勿論家電から別番号に電話することで、スマホへも電話できます。
 参考にしたのは、『うえけんの経済的自由を目指すブログ』です。
 ブログが消えてしまうと、貴重な資料が見えなくなってしまうので、主要部分をそのまま引用しておきます。

Add accound→[+]ボタンをおす、yesをタップして、[Manual configration]をタップする。
Account name →適当なIDを入力(Brastel ip phone・・・みたいな)
Host →softphone.spc.brastel.ne.jp
Username →ブラステルから送付されたユーザーIDを入力(数字8ケタ)
Password →ブラステルから送付されたパスワード(デフォルト英数文字8ケタ)
Enable on start →チェックあり
Audio cordec setting → uLaw,speex,iLBC30にチェックを入れる

[save]を押し保存。

Config画面に戻り[Audio]をタップ
Keypad vibration →チェックあり
Keypad tones →チェックあり
Echo cansellation →チェックを外す
Automatic Gain Control filter →チェックを外す
Incoming Call Vivration →チェックを入れる
※他はデフォルト値

Config 画面に戻り[Connectivity]をタップ
Keep alive WIfi →チェックを入れる
Stay awake →チェックを入れる
Run in backglound →チェックを入れる

Config 画面に戻り[Advanced]をタップ
Strip.-()[]/ in caller-id Config →チェックを入れる
Start with Android →チェックを入れる
Send Google Analytics →チェックを外す
※他はデフォルト値のまま

 私は、 Audio cordec setting に GSMも残しています。
 設定しているとき、一つの番号を設定してうまくいったので、もう一つ追加してみるとどうしてもうまくいかないことがありました。
 いくら見直しても二つの設定は全く同じなので、うまくいかない方のpasswordを変更したら、うまくつながるようになりました。
 「初期設定を変更したらうまくいった」という、やっぱりそういうこともあるようです。
 Ringtoneをそれぞれの番号で違えておけば、着信時に鳴り分けてくれるので、どちらの番号にかかってきたががきちんと分かります。
 050freeはアンインストールしておいた方が無難だと思います。
 

◎携帯brastel 050fleeからHT702への音声不通

 上記の設定をして使っていたところ、brastel 050fleeを初期状態でインストールしたスマホ(電話番号は別のもの)からHT702経由の家電話に電話した時、家電話から掛けた時には問題がないのに、スマホから掛けた時だけ、家電話からの音声がスマホで全く聞こえませんでした。
 上記と同様、スマホの050freeの設定のコーディックを変えると、普通に通話できるようになりました。
 でも、ということは、我が家の通話網だけでは問題なくなりましたが、これでは、誰かほかの人が初期設定状態の050freeを使って我が家に電話してきた場合、その人へは、我が家の通話音が全く届かないことになってしまいます。
 これちょっとどうにかならないでしょうか。HT702の記事を探していると、GSMコーディックには対応していないという記述があったりするので、GSMコーディックのみ使用の標準状態の050freeから、HT702経由の電話機に接続するのはおそらく無理なのでしょうね。
 まあ、050freeなどという際物(きわもの)を使ってわざわざ電話してくる人は、私の周りにはまずいないでしょうから、これでも支障がないと言えばないのですが。
 念には念を入れるためには、携帯だけでしか050freeを使わない人でも、一応「G.711 u-Law」のコーディックを「GSM」の前に置いておく方がいいかもしれません。

◎050Plusはこちらを参考に

  「050plus」のSIP情報取得~固定電話として使うまで
  050plusをIP電話アダプタを使って固定電話化
 上のページで、設定情報を入手して、設定はほぼ下のページの通りに。ただし、固定IPアドレスの設定は、基本が分かっていないためかうまくいかなかったのでダイナミックIPアドレスのままです。「Outbound Proxy」は設定しませんでした。
 ただし、上の2つのページとちょっと違えたところは、上のページの書き込み情報にあったところ。

Preferred Vocoder:(H702<->050plusアプリ間の音声コーディックを指定する。正しく指定しないと音声が聞こえない)
     chice 1:PCMU -> G729
     chice 2:PCMA -> PCMU
     chice 3:G723 -> PCMA
     chice 4:G729 -> PCMU
     chice 5:G726-32 -> PCMU
     chice 6:iLBC -> PCMU

ここは、このようにした方が良さそうです。

◎最初の着信音では電話がとれない

 もう一つ、上の設定では、050Plusとbrastelとも、最初の着信音で受話器を取っても、電話がとれないという現象が生じます。ちょっとして着信が安定してから受話器を取るとこれでもちゃんと電話がとれるのですが。
 それでまた情報を探して、
  Caller ID Scheme: Bellcore/Telcordia
に「NTT Japan」から変えて、やっと着信音が鳴ってすぐに受話器を取っても通話できるようになりました。

HT702の設定が完了したところで、望む設置に

 HT702の設定はおかしくないことを確認できたところで、もう一度どのような設置が不具合を起こしていたのかを確認します。
 私の場合は先述の通り無線LANの子機の能力でした。ハブは通しても問題ありませんでしたし、電話線を二股にするのも異常ありませんでした。
 今後は有線接続にするか、もっと高機能の無線LANの子機を購入して確かめるか、いずれかにします。(先述の通り、とりあえずBUFFALOのWSR-1166DHP2というルータを中継モードで使って、問題は解決しています。)

050Plusとbrastel さてどちらにするか

 どちらも魅力的な050Plusとbrastel。さてどちらにしましょうか。信頼性が高く、とってもいい番号がとれた050Plus。着信や留守番電話の通知もいいです。でも、うっとうしいアナウンスがあっても、家族のスマホすべてにbrastelを入れれば、それで自宅との無料通話網が完成する魅力には勝てないので、やっぱりbrastelですかね。
 通話料もめちゃ安ですしね。

こんな事が分かるのにやっぱり1週間

 こんな簡単なことが分かるのに、やっぱり何日もかかって、寝不足です。「妻から私の調子が悪いのにいつまでもごそごそして迷惑。はよー寝えー」としかられるし。
 でも、家の電話が不通のまま、何日も放っておくのも、何か必要な電話がかかってきそうで、気持ち悪いし。(いつもはほとんど、電話などかかってきはしないのに)
 よくよく参考にした記事を後から読んでみると、何かしら、その片鱗の情報はやっぱりどこそこに書かれているのだけれども、全容が分かっていない身には、それで「きちんと情報を選択して、分かれ」というわけにはなかなかいきません
 いつもながら、ちょっとの事にとてつもない時間がかかって大変です。
 まあそれでも、思っていた通りのことがやっとできたので、よしとするか。