Top> PC> 特集記事> 独自ドメイン・xrea>

 <  ・ページ移動メタタグ  |  PC 総目次  |  ・xrea利用事始め  > 

独自ドメイン取得

 独自ドメイン取得というと難しいような気がしますが、これがどうして、ちょっとの出費と労力でかなり得るものが大きいような気がします。 

独自ドメイン取得のメリットとデメリット

利  点
  1. とにかくかっこいい。
  2. ホームページのアドレスを短くできる。
  3. プロバイダなどのサーバーを変えたとき、ホームページアドレスを変えなくてすむ。
  4. 好きなメールアドレスを自由に多く持てる。
欠  点
  1. お金がかかる。
  2. 手間が面倒くさい。
  3. ドメインの所有者の住所や氏名が公表される。

安定したメールアドレスを好きに作れる

 利点はそれぞれさることながら、4もかなり魅力があるように思います。
 このようなページを作っておきながら、実はxreaのドメイン取得しか本気で調べていないので、他のドメイン取得業者との比較はできないのですが、xreaでは、ドメインを取得すると、無料ホームページスペースを50M~150M取得でき、その一つにつき10ドメインまで100個のpopメールアドレスを自由に作れます。(当然メール転送などもできますし、メーラーを使わなくても、ウェッブメールとしてメールを閲覧することも可能です)これはホームページに公開するメールアドレスや、yahooオークションで使うメールアドレス、パソコンソフトやその他業者の登録に使うメールアドレスなどを自由に作って使い分けられる点でかなりな利点といえるのではないでしょうか。「@ドメイン名」の前の名前を自分の思うままに決められることもとても魅力的です。私はこれまでlivedoorのフリーメールを使ったり、その他の方法で無料でメールアドレスを何とか取得したりしてしていましたが、これを使うことでトリッキーなことは一切せず、しかもアクセス数の多い深夜などでも安定してメールの送受信をでき、アドレスも統一できたので、このメリットは大きかったと実感しています。
 なお他の独自ドメイン取得の有名どころとしては、もうご存じの通り右の広告のような所もあります。

費用は年に990円まで下がった。サーバースペースは年2,400円。制約が少ない

 欠点の値段ですが、1ドメインにつき、「.com」「.net」「.org]「.info」などはすべて年間990円しかかかりません。これなら気に入ったドメインがあいているなら一つ二つ登録してもそれほど負担にならない額なのではないでしょうか。
 1~3のメリットを生かしたいと考えるなら、広告の表示はやっぱり避けたいでしょうから、そのためには別に年間2400円(月々200円の計算)が必要になります。しかしこれを契約すると、1000Mまでホームページスペースが使え、一応商用利用も可能なので、制約のきついプロバイダのホームページスペースで、窮屈な思いをするより、いっそのこと最初からこちらでホームページを作ってしまった方が、ホームページ移転の手続きを一切考えなくてよいなどメリットが大きいはずです。プロバイダのホームページスペースでは、独自ドメインを使用できなかったり、cgiを使用できるスペースが限られていたり、別途何かといえば使用料がかかったりするなど、色々制約が多すぎます。
 また、自宅でサーバーを公開しようとする場合は、ダイナミックDNSを使うことも多いと思いますが、これもxreaでドメインを取得すると無料で使えます。plalaでダイナミックDNSを契約すると、それだけでも月300円も高くなるので、そのようなホームページ使用に伴(ともな)う料金を300円以上今現在支払っていらっしゃる方は、それだけでも、xreaのドメイン取得+有料広告免除サーバーに乗り換えるメリットは十分にあると思います。
 ご存じのように、ドメイン取得は先願主義なので、これほどドメイン取得が安くできる現在、気に入ったドメインが今あいているなら、先手を打って取得しておくべき時期が来ていると私は感じています。
 自分の欲しいドメインがあいているかどうかは右のリンクから検索してみてください。
 私は遊び用のドメインと仕事用のドメインを二つ勢いづいて立て続けに申し込んでしまい、有料広告免除サーバー1つを契約してとりあえず使っています。

名義の代理登録も一応できる

 なお欠点の3は、一応xreaでは、名義の代理登録というようなことができるようになっています。それをしても支障は無いような気もしますが、もしかしてxreaがつぶれたときに、ドメインを他の業者に移管して使うような場合が起こったら、トラブルの元になるかも知れません。

ここにきてxreaのメールに問題が

 ここにきて、xreaのメールにちょっと問題になる点が出てきました。
 yahooやgmailなどで、xreaのサーバーから送ったメールがすべて迷惑メールホルダーに入ってしまうのです。これは、おそらく、H20年9月くらいからの現象だと思います。
 これには、xreaの無料サーバーサービスや、上位のCORESERVERで、一日に送れるメール数が、他のサーバーより比較的多めだったことが仇(あだ)をなしているようです。つまり、銭もうけのために、多くの方がcgiを使って、迷惑メールを乱発したために、どのサーバーもどのサーバーもすべて、迷惑メールを送るサーバーとして、マークされてしまっているということです。
 迷惑ホルダーに入る仕組みは、厳密にはいろいろあるのでしょうが、仕組みはともかく、このような事態は、xreaのメールを常用しているものにとっては深刻です。独自ドメインをせっかく取って、自分のドメインから「さあ、送るぞ」と意気込んでみても、それが全部、迷惑ホルダーに入って、読んでもらえないということですから。
 これはもちろん、yahooやgmailへの話で、同じような迷惑メールのフィルターをかけていないサーバーなら、もちろん正常にメールが到着します。ですが、yahooのメールは、常用している方が多いので、これらへのメールを正常に送れないとなると、使い物にはなりません。
 確かに、xreaから送られるメールの中には、迷惑メールが多いこともあるのでしょうが、このようなxreaのユーザーをすべて閉め出してしまうようなyahooの仕様は問題です。送信サーバーをフィルターにかけるのではなく、送信ドメインをフィルターにかけるなど、何らか対応を早急にしてもらいたいものです。

 

 <  ・ページ移動メタタグ  |  PC 総目次  |  ・xrea利用事始め  > 

         


http://www.neko01.com/pc/xrea/post-5.php 
このページのトップへ↑
このページについて

 このページは「nekoのパソコン試行錯誤」の記事のひとつです。
 パソコンは面白いこともありますが、腹が立つことも多いですね。「これで動くはずなのに」と思うと、最後には本当に情けない気分になりながら、「これでもか、これでもか」とやることになります。そこらあたりの取り組みの中で、皆さんに役に立ちそうなことを紹介します。

スポンサードリンク
リンクについて
 本ホームページのリンクには、楽天アフィリエイト、他のアフィリエイトリンクが含まれています。