Top>資格>2boiler>検査など

ボイラー製造・設置・使用までの流れ

 製造許可申請→(溶接検査)→構造検査
     輸入ボイラー再設置使用検査(構造検査に準じた検査)

設置届(設置30日前までに)→ボイラー設置工事→落成検査

 新たに製造か、輸入・再設置など既に出来たものを使うのかによって、構造検査か、使用検査かのどちらかを受けます。
 それに通ってから、設置届を提出します。設置工事後、落成検査に通ってボイラー検査証が発行されてから、使用開始という流れになります。

検査など

検査の種類項目備考
構造検査製造後、溶接検査を経て検査後検査証が発行、事前準備・検査立ち会い必要
使用検査輸入、設置、再使用、再設置廃止または1年以上設置・使用されなかった
落成検査設置工事完了後、検査後使用可検査後、ボイラー検査証発行
使用再開検査使用休止したボイラーの再開有効期間内に休止の届出必要
性能検査検査証の有効期間(1年)の更新