Top>資格>FP>内容>キャッシュフロー表の係数

キャッシュフロー表で使う6つの係数

終価係数現在の元本を、一定期間運用した場合、元利(現金と利息)合計が将来いくらになるか
現価係数一定期間後に目標額を受け取るためには、現在いくら必要か。
年金終価係数毎年一定金額を複利運用で積み立てをした場合、将来いくらになるか。
年金現価係数現在の元本を複利運用しながら、毎年一定金額を受け取るには、元本(用意すべき資金)がいくら必要か。
減債基金係数元本を複利運用しながら一定期間後目標額を受け取るには、毎年いくらずつ積み立てればよいか。
資本回収係数現在の元本を複利運用しながら、毎年一定金額を受け取る場合、毎年いくら受け取れるか。

 これは、『2015-2016年版 うかる!FP3級速攻テキスト』P22の表から、必要部分をそのまま抜き出しただけです。

日商簿記検定3級得点

 これらの係数は、計算問題として実際によく出題されます。しかし、もともと記憶力が欠けていて、年取ってさらに記憶力が無くなってきている身に、これをこのまま覚えろというのは、至難の業です。
 それで、イメージを持とうとして考えたのが、「終価係数は、初めに用意する金額が既に決まっていて、終値がいくらになるか」、「現価係数は、受け取り目標額が決まっていて、元値(現在価格)がいくらいるか」ということです。
 つまり、「現価」「終価」というのは、分からない・計算したい方を意味していると考えるとよいのです。
 同じように、「減債基金係数・資本回収係数」は、「基金」「回収」ですから、「手持ちの金額(始まり)」「受け取りたい金額(終わり)」を求めたい・分からない、と考えると覚えやすいのかなと思います。
 これを考える場合、右上の図ようなイメージを持つと、理解しやすいのではないでしょうか。
 「現価係数」「終価係数」は、右上がりの台形です。その他は、三角形です。一番分からなくなるのは、「減債基金係数」なので、これを、「右上がりの三角形」と覚えてしまえば、後は、図を描いて考えれば間違うこともなくなります。

 平成25年-5月3級学科(31)

 利率(年率)2%で複利運用しながら毎年一定額を積み立て,15年後に6,000,000円を準備する場合,毎年の積立金額は,下記〈資料〉の係数を使用して算出すると(  )となる。

〈資料〉利率(年率)2%・期間15年の各種係数

現価係数資本回収係数減債基金係数
0.74300.07780.0578

 1) 297,200円   2) 346,800円   3) 466,800円



                                       答え 2

 計算 6,000,000×0.0578=346,800

 平成28年-1月3級学科(31)

 利率(年率)3%の複利で6年間にわたって毎年40万円を返済する計画により、自動車ローンを組む場合、借入可能額は、(  )となる。なお、計算にあたっては下記の〈資料〉を利用するものとする。

〈資料〉利率(年率)3%・期間6年の各種係数

年金現価係数年金終価係数終価係数
5.41726.46841.1941

 1) 2,166,880円  2) 2,587,360円  3) 2,865,840円



                                       答え 1

 計算 400,000×5.4172=2,166,880

 3級の試験に行って出題された問題です。「年金現価係数」の、参考書に書いてある上のような説明だけしか頭になかったので、「過去問に、こんなん、なかったぞ!わからん」と少々パニックになりかけました。
 「6年間にわたって毎年40万円を返済する」ですから、「終価係数」はありえません。上のマーカー部分のように覚えておけば、「始めがわからなくて、後が月々」ですから、残った二つの選択肢の中からなら、「年金現価係数」しかありません。
 「年金現価係数」は、こんなローン返済の場面などでも使えるんですね。
 3級の過去8回分の問題にはない、新しい傾向の問題でした。こんな問題が出るようになると、参考書の説明も、もう少し補足・分かりやすい説明が必要になってきます。
 これは、2級では比較的よく出題される問題です。