Top>資格>FP>内容>年金繰上受給

年金の繰り上げ受給

どれぐらい生きていると受給金額が多くなるか

 例えば60歳になる早々老齢基礎年金を70%で受け取って、どの年齢になると、65歳からの正規受給より受取金額が少なくなるかを試算してみると、76歳9月のようです。同様に、65歳までは繰り上げ受給して、正規受給よりも合計受取金額が少なくなる最低年齢、65歳以上は、正規受給よりも合計受取金額が多くなる最低年齢を表にしてみます。

60歳76歳9月
61歳77歳9月
62歳78歳9月
63歳79歳9月
64歳80歳9月
66歳77歳11月
67歳78歳11月
68歳79歳11月
69歳80歳11月
70歳81歳11月

 平均寿命を考えると、どれを選んでも、どれが得なのかよくわからない悩ましい数字のようです。
 こんな表は、どのFPの参考書にも載っていないでしょうね。