Top>資格>問題部分の書き込み×

資格試験に独学でチャレンジするには

問題集の問題部分には書き込みをしない

 しかし、問題部分については、問題の正誤(各選択肢の正誤ではなく)以外の書き込みをしてはいけません。
 問題部分に線を引いたり、各選択肢の正誤を書いたりして書き込みをしてしまうと、そこがヒントになって、問題の内容以外のところで、解答を覚えこんでしまいます。
 そうすると、問題の内容についてはさっぱり覚えていないのに、自分の問題集でなら、過去問が解けてしまうということが起こります。
 要するに、書付けが正解の目印になって、答えを既に書き込んだ問題用紙になってしまっているわけです。
 そんな本にしてしまうと、問題集が死んでしまいます。やり直す意味も無くなります。
 問題の解説部分には、マーカーをしたり、説明の足りない所を自筆で補ったりして、自分オリジナルの書き込みをしっかりすることがとても大切ですが、それと同時に、問題集の問題部分には何も書きこまないで、いつもまっさらの状態で問題に取り組むことができるようにしておくことも忘れてはいけません。