深タンク自作によるカラー自家現像

カラー現像全般

Top > Syasin > カラー現像全般 > カラー自家現像

カラー自家現像はやっぱり少数派だが

 世の中はデジタルばやりで、アナログ写真の市場がどんどん尻すぼみになっている中、もともと少なかったカラー現像関係の市販用具もほとんどが販売中止になってしまいました。更に悪いことには、もともと販売されていた用具類も、決して使いやすいとは言えないものが多く、その上非常に高価です。
 また、カラー現像の情報についても、一時期ブームの頃にはそこそこ特集記事などもあったのかもしれませんが、一筋縄ではいかないというような「常識」が広まってしまったせいか、今日ではきちんと初歩から教えてくれるものがほとんどありません。
 昔から写真をやっている人には、「白黒の世界にこそ、カラーにはない魅力があるから、自分で芸術性を追求する写真は、白黒でなければならない」とこだわる人もいます。なるほど白黒写真には白黒にしかない魅力が確かにあります。
 しかし白黒を自家現像しているほど、カラーの現像についても深く経験しようとはしないで、白黒がいいといっている人も結構いるような気がします。
 白黒の現像については、マニアックなほど焼きがどうのとこだわって、人に現像を任せることなど考えもしなかったような人が、カラーになるととたんに、写真屋で現像してもらうことしか頭にないのは、どうしてなのだろうかと首をかしげてしまいます。
 「カラーの現像は難しい」という先入観から、「自分でカラーを現像する」という考えがなかなか出てこないのはわかりますが、白黒の現像では、人任せと自分でする場合とで、仕上がり方にずいぶんと差が出ることを知っておられる方々が、なぜ、カラーに限って、その差について考えないのでしょうか。
 自分で現像する白黒と、人任せにするカラーの二者択一なら、「白黒」を選ぶのも納得ができます。しかし、同レベルで現像に関わるのなら、どちらがよいとは一概には言い切れないはずです。白黒に色のない魅力があるように、カラーには色を操作する魅力があるのです。

白黒も含めて自分で現像する人がどんどん減っている

 上に、白黒の現像にこだわっている人の話を書きました。数年前までは、確かに白黒の現像にこだわっているマニアな人たちがかなりいました。そういう人たちが、今日のカラーデジタル全盛時代に、本当にいなくなってしまいました。写真の集まりに行っても、かつて白黒についてマニアックなことを語っていた連中が、白黒現像でさえやめてしまい、全く現像について考えている気配が無くなってきています。
 デジタル全盛時代ですから、画像処理ソフトを使ってカラーバランスなどを操作している気配は多少あるのですが、その方たちが、どれだけパソコン画面での色と、実際に印刷される色との違いについて敏感になっているのかということは、彼らの言葉からはさほど感じられません。
 相対的には、「写真=写すだけの操作」という感覚が、かつて白黒の自家現像にこだわっていたカメラマニアにも、広く蔓延しているように思われてなりません。
 でも、これは、カラーの自家現像を少しでもかじったことのある立場からすれば、とっても残念なことです。
 写真撮影とは、半分は撮影、もう半分はプリントです。その半分について、人任せでしか考えないのは、写真の楽しみの半分を放棄してしまうものだからです。
 現実的な問題として、実用的な写真はカラーでしか撮りません。しかもデジタルの時代になって、フィルムを使うことも無くなりました。それで、自家現像派が淘汰されてしまったのは、致し方のないことなのかもしれません。
 でも、白黒現像であれほどこだわっていた方々には、せめて、デジタルでも、プリントについて、かつてと同じぐらいこだわってもらいたい気はします。

このホームページについて

 私は白黒の経験がほとんどなく、カラーも始めたばかりなので偉そうなことは言えません。しかし、一般の人が写す写真がほとんどカラーになってしまっている現在、カラーをやってみたいという気持ちはとても自然なことなのではないでしょうか。
 その自然な気持ちにこたえようとして、少ない資料を一生懸命あさり、どうやったら少しでもよい現像ができるのかを現在模索しているところです。
 このホームページでは、私のように時代遅れかも知れないけれど、カラーの自家現像をしてみたい人がいるなら、その人には少しでも参考になるものを目指したいと思っています。
 何かお教えいただけることがありましたら、ご意見をお寄せください。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional