Top  > > オーディオ・ナビ関連 >  バックの確認

 <  ・ナビ  |  車 総目次  |  ・バックカメラ取り付け1  > 

バックの確認

バックの時後ろが見えない-雨の日など最悪

 デリカの時もそうでしたが、大きい車は後ろが極端に見にくいです。今から思えばデリカには後ろを見る鏡がついているのでまだかなりましなのですが、それでも雨の日などになると、後ろが全く見えません。
 こちらから見えないのなら、相手に逃げてもらうしかないと考えて、まずトラックに着けているようなバックを外の人に伝えるブザーを付けてみました。デリカのを付けた5年前はホームセンターで

買ったような気がしたのに、今回探してみるとどこにも見つかりません。どうも昔作っていた手ごろな価格のものをメーカーが作らなくなった様です。
 私は何とか昔の売れ残りのものをやっと手に入れました。
 (最近は、高価ですが、また ミツバサンコーワ バックブザー RH-9が手にはいるようですね)

バックセンサーの取り付け

 ナビのカメラなど付けるかどうか分からない頃、用品店で安売りをしていたバックセンサーを購入していましたので取り付けました。今回のは(株)ミツバサンコーワという会社の、バックオーライ(楽天)という製品で、後ろに障害物があると、その距離によって音と光で知らせてくれます。
 以前デリカには、この手のもので、警告ライトの無いものを付けていました。
 これらの商品は、あまり過信しすぎるとちょっと不安ですが、まあ、障害物の確認の一つの方法にはなるでしょう。バックカメラと両方というのは、ちょっとやりすぎの感じもします。

鏡の取り付け

 パジェロの場合は、後ろに鏡がない上に、スペアタイヤが後ろガラスの視界を遮り、さらにサードシートをたたむと、後ろなど全く見えません。みなさんよくあれでバックして怖くないものだと感心します。
 で、とりあえず用品店に唯一あったバック用の鏡を取り付けました。これは本来横から取り付けるものですが、長さが足りないので、上から取り付けています。左に見えるのは、静電気防止のアース棒です。

パジェロの後ろのドアの左開きは伏兵だ

 パジェロの後ろのドアは左開きになります。これが意外と伏兵で、上の鏡の場合、車本体ではなく開く方のドアに取り付けるものでないと、ドアが開かなくなります。
 アンテナなどの取り付けも、右側のちょうつかいを軸にして開くので、右側にあまり不用意に下に付けすぎると、ドアが開いた時にがりりと外のボディーにあたって傷つけます。きれいだった外観が、無線のアンテナを下に付けすぎたお陰で、これまた傷物になってしまいました。ねじを強く締めたためにその部分がへこむし。(下の白い部分とでこぼこがそれ)
 やった後で泣くに泣けない「とほほ」でした。
 無線も使いもしないのだけれど、「まああるものはそれほどの手間でもないし付けておくか」というのがこうなってしまいました。

「バックカメラ」については次項で

 <  ・ナビ  |  車 総目次  |  ・バックカメラ取り付け1  > 

         


https://www.neko01.com/car/audio/post-2.php 
このページのトップへ↑
このページについて

 このページは「自分の車は自分で把握!」の記事のひとつです。
 ユーザー車検や、ナビの取り付けなど、DIYをすることで、もっともっと車に親しみましょう。
 ブログ用の目次は、別に用意しています。

メールマガジン
スポンサードリンク
リンクについて
 本ホームページのリンクには、楽天アフィリエイト、他のアフィリエイトリンクが含まれています。