Top  > > オーディオ・ナビ関連 >  アナログテレビの取り付け

 <  ・バックカメラ取り付け2  |  車 総目次  |  ・地デジチューナーの選び方  > 

アナログテレビの取り付け

傾斜計を取っちまった

 テレビ(楽天)をいただいたので、デリカスターワゴンに付けてみました。取り付ける場所はどこがいいかいろいろ考えましたが、結局傾斜計、高度計があるところが一番落ち着くという結論になりました。高度計は雨など気圧を知るのには、時々おもしろがって見ていましたが、実用上なくても全く問題がありません。傾斜計についても、中の液が漏れているということなので、思い切って取り外してしまいました。

どうやって穴をふさごう

  取り外したところは、大きな穴になって残ります。これをふさぐためにホームセンターで板ゴムを見つけました。これを車用の強力両面テープで止めています。これは想像するより強力で、重いテレビなども全くぐらつかずに保持しています。


自分でやれば失敗もある

 アンテナを付けるのに往生しました。途中部品をはずせず無理矢理とろうとしたので、プラスチック部品の一部が割れてしまいました。自分でやっているとどうしてもこういうことは起こります。これも自分の未熟さのせいですから、あきらめるより他ありません。高価な新車だったら、こうは考えられないでしょうねえ。
 失敗は一番後ろの窓から下方向に向けてアンテナのコードを引っ張ろうとしたことでした。どうもデリカやパジェロは、後ろの下のプラスチックカバーをはずそうとするのは、シートをはずしたりして大事になるようです。私の場合は、最初の方針を変えて、天井付近のカバーのあたりから上にコードをひっぱてくることでなんとかコードを前まで露出させずに持ってくることができました。(最近、私がお世話になっている車屋さんも、私が割ったカバーの反対側を壊してしまうということがありました。やっぱりこの手の車をかなり扱っているはずのかなり信頼の置ける車屋さんでも難しいんだ。)

 <  ・バックカメラ取り付け2  |  車 総目次  |  ・地デジチューナーの選び方  > 

         


https://www.neko01.com/car/audio/post.php 
このページのトップへ↑
このページについて

 このページは「自分の車は自分で把握!」の記事のひとつです。
 ユーザー車検や、ナビの取り付けなど、DIYをすることで、もっともっと車に親しみましょう。
 ブログ用の目次は、別に用意しています。

メールマガジン
スポンサードリンク
リンクについて
 本ホームページのリンクには、楽天アフィリエイト、他のアフィリエイトリンクが含まれています。