購入時にオプションもきちんと考えておくべきだった

 今回のデリカD5CHAMONIXを買うにあたって、最初中古車を見に行っただけで、全く新車を購入する気もなかったこともあり、D5のカタログなどちっとも見ていませんでした。
 はっきり言って研究不足です。元々どんな装備が要(い)って、何が不要か、用品カタログなど見て詳細に研究が足りませんでした。
 それで、5年保証のウルトラグラスコーティングNEOという超耐久撥水コーティングと、エクシードバイザー(サイドバイザー)だけを頼んで、フロアマットや、ナンバープレートフレームですら、社外品をつければいいやと考えて頼みませんでした。
 それはそれで、一つの考え方なのですが、他にも必要な、リアアンダーミラーや、カーテンなど、純正品の値引きと社外品の値段とをもうちょっと天秤にかけて考えておけばよかったなと、今になって考えています。
 新車購入時なら、これらのものの値引き幅はいくらかありますが、購入後に交渉したのでは基本的に値引きなしの定価販売になってしまうので、このあたりもうちょっと慎重さが必要でした。

値引き幅が大きければ純正品もありだったかも

 フロアマットは、価格交渉をする前から純正品は高いという先入観がありました。
 しかし、社外品もピンキリで、安いものもあるとはいえ、やはり新車で、なおかつ、マットなどは1番目に付き、いつも触れるものであるだけに、あまりに安っぽいものでは、車を大金をはたいて購入するのに、たかが数万をけちったがために、毎日貧しい思いをして過ごさなければなりません。
 それで、純正品と見劣りしないものを購入しようと考え、結局、楽天でもかなり高い部類の、3万ちょっとするワールドF1シリーズというマットを選ぶことにしました。
 社外品にしては、さすがに高価ですので、これのフィット感はよく、品質も上等でした。購入後、あとから純正品と見比べてみて、こちらの方が、毛足も長く、高級感があったので、自分の選択でよかったことにやっと納得しました。
 しかし、純正品と較べるまでは、純正品がもし半額で買えるのなら、ほぼ同じ値段になるので、そういう選択肢もあったのかなと考えたりもしていました。純正品には、車の種類を示すネームタグが付いてきますから、そちらを重視する人は、純正品で、高額値引きをねらうのも有りかもしれません。
 なお、マットの着装は、2列目シートの下は、レール金具の下に敷き込むように、それ以降は、金具に敷き込まずに、レールの周りに置くだけに純正品でもなっていましたので、この社外品でできる取り付け方で、間違いはありませんでした。

社外のカーテンでいいのがない

 デリカD5の窓は、プライバシーガラスになっていて、いくらか色が付いているとはいえ、外から全く見えないほどではないので、宿屋仕様にするためには、何らかの対策が必要です。
 カーテンも純正品は高いのですが、かといって、社外品でいいカーテンが見あたりません。社外品は黒しか無く、しかも純正のように細かくきちんと折りたたんだものがありません。
 両面テープでの取り付けなど、社外品については取り付けの不安などもあるので、値引き次第によっては、純正品の方がよかったかもしれません。
 色つきフィルムにするか、カーテンをどうするか、今後考えていきます。

純正品は何でもやたらと高い

 純正品は何でもやたらと高いです。その筆頭はナビですが、カメラなどと連動している上、今回のCHAMONIXは、それらがすべてセットになって込み込みで売られているので、ここでは問題にしません。
 ナンバープレートフレームなど、なんであんなしょうもないものが、1枚3、150円もするのでしょうか。「MITSUBISI MOTERS」と書いてあってもちっともうれしくはないので、1,000円もしないものをホームセンターで購入し、納車時につけてもらうことにします。
 これらは、ナンバープレートの封緘(ふうかん)がつけてあっても、後付可能なようですが、検査時に封緘(ふうかん)をつけてもらうときに一緒に取り付けしてもらっておく方が、おそらく手間がないように思います。
 純正品の場合は、ねじ止めしてしまうので、後ろは封緘をした後だと、陸運局に行って封緘をし直してもらう必要が出てきますので、注意してください。

リアアンダーミラーをやっぱりつけたい

 ナビにカメラが付いているので、リアアンダーミラーが無くとも、後ろは見ることができます。それにこれをつけると、格好がよくないし、洗車時もじゃまになります。
 その上、ラルゴにカメラとリアアンダーミラーとを両方つけていて、リアアンダーミラーの方は、やはり補助程度にしか見ませんでした。
 ですから、これをつけることはあまり必要ないのかもしれませんが、ワンボックスは後ろが見にくいので、やはり何かの時のために、これをつけておきたくなります。
 ところが、これは純正以外当然ありません。
 付けるのなら、購入時に値引き交渉の時に入れておくべきでした。
 

タイトルとURLをコピーしました