Top  >   > 車ブログ  > 維持管理 >  カーレスキュー >  10月24日はレスキュー記念日

 <  シルビアにADDZESTのオーディオをつけてみた  |  車ブログ Top  |  オークション落札のCDチェンジャーは高くついた  > 

2005年10月30日

10月24日はレスキュー記念日

 24日の話になりますが、一日に2度もレスキューを呼んでしまいました。

 一度目は、昼間パジェロのパッテリーあがりです。快調に運転していって、古本屋の駐車場がいっぱいなので変な止め方をしていて、いざ用が終わってエンジンを掛けようとしたら、セルがうんともすんともいわない、5月と同じあれです。

 今回はもう症状が分かっていたので、うろたえずにどうするか。
 誰かに言って、ブースターケーブルはいつも持っているので、バッテリーをつないでもらうだけでもよかったのですが、私のパジェロはディーゼル車なので、あまりバッテリーの小さい車につないで知らない人に迷惑を掛けてもいけないので、とりあえずカー用品の【オートバックス】のカーレスキュー70に入ったことでもあるし、レスキューを呼んでみました。
 フリーダイアルで電話をすると、全国の集中センターが電話を取るようで、位置を説明しても、ちょっと交差点の地名を言ったぐらいではらちがあきません。かなりおおざっぱなところから説明していって、場所を分かってもらうのに四苦八苦。知らない土地で、地図も持っていなければ、どうしようもないところでした。
 何とか場所を分かってもらって、また車屋と連絡を取ってから連絡が来るのですが、こういうとき携帯電話を持っていない身はつらいです。また15分ぐらいたってから、こちらから電話をしなければなりません。レスキューが来たときも、携帯を持っていれば、近くに来るとそれで詳細な位置を確認しながらということができるのに、持っていなければそれもできません。
 そういうやりとりの後、お菓子でも電話をしたスーパーで買って、しばらく待っているとちゃんとカーコンビニ倶楽部をしている業者からレスキューが来てくれて、作業は携帯型のバッテリーをつないでエンジンを掛けるだけで3分で終了。
 家に帰ってからバッテリーを充電してみるとまたエンジンがかかるようになったものの、またこのようなことが近々起こってはさすがにたまらないので、とうとう観念して翌日バッテリーを交換しました。

 それはともかくとして、まだ2時間も充電しないうちに、妻から電話が。勤め先の近くの路上で、渋滞の最後尾に付いて止ったなり、エンジンが止まってしまったというのです。こちらのセルも回るかどうか怪しいとは思いながら、とりあえずつないでエンジンを掛けてみます。
 まだお酒を飲んでなくてやれやれ。

 妻の方は職場から数人来てくれていて、とりあえずじゃまにならないところに寄せて、ブースターでエンジンを掛けてみるところまでしてくれていました。そこに私が到着して、やっぱりセルは回るのに、エンジンはかかりません。わたしは、それぐらいでかかるに違いないと高をくくっていたのですが、今度は腹をくくりました。
 私はとりあえずセルを回しただけですぐあきらめてしまいましたが、来てくれていた人は、ちゃんと燃料計を見て、それも確認してくれていました。
 後はレッカーですが、行きつけの車屋が鍵をよそに置いてきたからその日は来られないと言います。次の日なら、車屋がただで取りに来てくれるのは分かっていたものの、できればその日のうちに車に乗れるようになった方が、「あれは乗りにくい」「乗らない」と色々わがままを言う妻なので、何かと好都合です。
 ということで、もう一度オートバックスのレスキューを呼んでみる手もあったかと後から思いますが、そんなことをして、やっぱり嫌がらずにただで来てくれるのかどうか。とりあえず今度はブリジストンの方に連絡をしてみました。
 システムはこちらもほぼ同じで、全国の集中センターに電話がつながります。しかしこちらは、ちょっと話をしただけで、先ほどとほぼ同じ所なのに説明の手間はほとんどありませんでした。
 それで、待つことやはり数十分で、こちらは岡山市内近くならレッカー専門の業者が来てくれます。
 来た積載車は、こちらはさすがにレッカー専門店だけあって、車を載せるところが道に全部べたに降りてくるような車です。こんな積載車があるのを初めて見ました。最近の車はメーカー純正でも、かなり車高の低い車があるために、そのようなものでないと積めない車があるということでした。
 結果から考えれば、その日のことにならなかったので、とりあえず10Kmまでのお金がかからない範囲でホームセンターの駐車場かどこか、迷惑にならないところに移動しておいて、自動車屋に取りに来てもらう手もあったのですが、行きつけの車屋まで移動してもらって20Km、無料からの超過分5、250円を後日カード払いということになりました。
 このカード会社では、その場で現金が必要になることは無いと電話で念を押していました。

 こんな時に軽トラを修理に出していると、直ってない軽トラに乗り換えて帰ることができます。私のお世話になっている業者はあまり代車を持っていないので、こういうとっさの時には普通なら困るのです。


 この二つのサービス内容や料金は、ほぼそろえてあるのだろうという印象です。作業票を見ると、こちらに請求が来ない作業料金は、ブリジストンのカードの方が若干高めのようです。

 <  シルビアにADDZESTのオーディオをつけてみた  |  車ブログ Top  |  オークション落札のCDチェンジャーは高くついた  > 

         


https://www.neko01.com/car/blog/iji/carrescue/1024.php 
このページのトップへ↑
このページについて

 このページは「Nekoの車とぼちぼちつきあうさ」の記事のひとつです。
 ユーザー車検や、ナビの取り付けなど、DIYで取り組む日々の取り組みを記事にしています。

メールマガジン
スポンサードリンク
リンクについて
 本ホームページのリンクには、楽天アフィリエイト、他のアフィリエイトリンクが含まれています。