Top  >   > 車ブログ  > メンテナンス >  装備品 >  カーオーディオ >  オークション落札のCDチェンジャーは高くついた

 <  10月24日はレスキュー記念日  |  車ブログ Top  |  掲示板から車維持日記をこちらに引っ越しします  > 

2005年11月 1日

オークション落札のCDチェンジャーは高くついた

 先日シルビアにつけたADDZESTのDMZ846MPは、MP3を読めるため、CD1枚でも何とかなるとはいえ、やはり圧縮すると音が落ちるような気がしました。
 それで、できることならCDチェンジャーをつけたいということでYahooオークションで、落札しました。
 やっぱり、だぼはぜになっているときは選択眼が曇っています。入札した後で写真に接続ケーブルが写っていないことに気がつきました。もしやと思っていると、質問欄で他の人が、ケーブルは付かないのかと質問していて、写真に写っているものだけですという返答です。

 写真を出して、取り外すまでは動いていましたと注を付け、でもはずしてもう確かめようがないからジャンク扱いで了承しろで、確かに機械は動いたのでまだ救われましたが、CDチェンジャーに接続ケーブルが付いてないのでは、まともに動く製品とは言い難いのではないでしょうか。
 このような出し方をされると、確かに写真に写っているものだけなのだから、落札した側は、評価を「悪い」にしようがありません。だから、欠品に気づかず高く落札してくれれば嬉しいし、質問が来れば正直に答えておけば、クレームのつけようがないということなんでしょう。オークションの出品者はおおむね良心的な人が多いですが、中にこんな人もいます。何が付属かなど、その製品についてよく知っているならいいのですが、知らない場合、このような出品の仕方をされると、必要な部品が同梱されていず、結局それの部分の使用をあきらめるか、今回の私のように新たに部品を別途購入するか、後味の悪い結果になります。

 <  10月24日はレスキュー記念日  |  車ブログ Top  |  掲示板から車維持日記をこちらに引っ越しします  > 

         


https://www.neko01.com/car/blog/maintenance/soubi/audio/post-28.php 
このページのトップへ↑
このページについて

 このページは「Nekoの車とぼちぼちつきあうさ」の記事のひとつです。
 ユーザー車検や、ナビの取り付けなど、DIYで取り組む日々の取り組みを記事にしています。

メールマガジン
スポンサードリンク
リンクについて
 本ホームページのリンクには、楽天アフィリエイト、他のアフィリエイトリンクが含まれています。