Top  > > 寒冷地対策 >  寒冷地用ワイパーの話

 <  ・軽油の凍結  |  車 総目次  |  ・電工ペンチ  > 

寒冷地用ワイパーの話

寒冷地用ワイパーはやっぱりすごい

 寒冷地用に凍らないワイパーがあるというのは雑誌では知っていましたが、実際どのようなもので、どのように効果があるものなのか見当がつかないでいました。
 数年前、北海道に車で行ったときのこと、普通のワイパーで道を走ろうとしても、ワイパーが凍り付いて全く拭けなくなりました。ゴムの劣化したワイパーで氷をなすりつけているような状態で、全く前が見えません。車を降りてワイパーに着いた氷を払っても払っても、数秒後にはすぐに前が見えなくなります。怖くて車になど乗れたものではありませんでした。
 こうなったら高いの安いのとは言っておられません。一番近くにあったガソリンスタンドで、寒冷地用ワイパー(楽天)をすぐに買ったのは言うまでもないことでした。
 後にホームセンターに行ってみると、きちんとこの手のワイパーを非常に安価に売っていました。あるところにはやっぱりあるものです。
 よく気をつけてみると、中国地方でもごくまれに峠などで数分間はこのような状態になることがあることが分かりました。しかし、「あれワイパーがおかしいなあ。どうしたのかなあ」と思っているうちに、暖かいところに行ってしまうので、全く気づかないでいたのでした。

温暖地でも寒冷地用ワイパーを手軽に入手したい

 私が持っているこのワイパー、朽ちるまでは使うとして、だめになったらどうやって手に入れればよいのでしょうか。日中はスキーをしたいため、私が走るのはいつも夜中になるので、昼間にわざわざワイパーを手に入れるためだけに、ホームセンターになど行けないのです。困った。困った。 


 探せばあるもので、楽天ならあるかもと思って検索してみると、やっぱりありました(楽天)。でも結構高いですね。

ワイパーブレードの交換へ  

 <  ・軽油の凍結  |  車 総目次  |  ・電工ペンチ  > 

         


https://www.neko01.com/car/kanreiti/post-15.php 
このページのトップへ↑
このページについて

 このページは「自分の車は自分で把握!」の記事のひとつです。
 ユーザー車検や、ナビの取り付けなど、DIYをすることで、もっともっと車に親しみましょう。
 ブログ用の目次は、別に用意しています。

メールマガジン
スポンサードリンク
リンクについて
 本ホームページのリンクには、楽天アフィリエイト、他のアフィリエイトリンクが含まれています。