Top  > > ライト関連 >  ハイゼットへのフォグランプ取り付け

 <  ・ヘッドライトの黄ばみ取り  |  車 総目次  |  ・オートライト化(ハイゼット)  > 

ハイゼットへのフォグランプ取り付け

 以前ハイゼットに付けていたフォグランプが2灯とも点灯しなくなりました。2つ一度に球が切れることも考えにくいし、remixの安物(楽天)を付けていたので、「さては、リレーでも壊れたのかなと考えて、何も点検せずに、HIDを取り付ける際に、取り外してしまいました。
 それで家に持って入って改めて点検してみると、何のことはない、H3のハロゲンバルブが2つとも切れているだけでした。
 私が買った商品は、電球を替えることなど考えていないのかと思って、前側から無理矢理ばらしたのに、何のことはない、後ろのねじをはずすと簡単にバルブ交換ができるのでした。
 以前デリカスターワゴン用に、予備で買っていて、もはや使う当てがないH3球がちょうど二つあったので、取り替えてみると、無事にまた点灯しました。
 そうなってみると、取り外したのがよけいですが、以前に取り付けたときには、バンパーだけをはずして、車室内へのコードの取り込みを、ドアのところに挟まるようにしかできていなかったので、今度はそんなことがないようにきちんと配線をしてみました。


ハイゼットのバンパーの取り外し

 バンパーの取り外しは、ドアを開けた前側のところに、ねじが二つ締まっています。その下側のねじをはずします。
 それからバンパーの左右の付け根あたりにボルトがあります。また、前の左右のウインカーレンズをはずしたところにも1つずつあります。
 それから中央付近の見えるところにもう1つ。
 それだけはずすとバンパーがはずれます。


ヘッドライト上のゴムから車室内へ取り込む

クリックすると拡大画像を表示します リレーは、ヘッドライトで挟まれたパネルの裏にいくらでも置くスペースがあるので、HIDのバラストと一緒に置いておきます。(ヘッドライトの取りはずし方についてはこちら
 フォグランプのスイッチ配線や、リレーへのバッテリーからの電源ケーブルは、ヘッドライト上のゴムから車室内へ取り込むことができます。
 こういう作業で、最近私が重宝して使っているのが、ダイソーの100均で買ってきたバネ式のマグネットです。先端にマグネットがついていて、細長いバネの棒が柄につながっているような構造です。
 別に先端のマグネットは使いません。バネがうまいこと曲がってくれるので、このバネの先端にビニールテープなどでコードを結わえ付けて使うと、細いところを通すのにちょうどいい調子です。


電源コードの接続には気をつけよう

クリックすると拡大画像を表示します 以前このフォグライトを取り付けたときのことですが、電源コードをアーシングケーブルの方につないで、つかないつかないと悩んでいたことがありました。当然電源ですから、それではつくはずがありません、
 それで、やっと気づいて、プラス端子につないだとたん火花が散ります。ご存じの通り、車の金属ボディー部分にはアースのマイナスがどこでもつながっていますから、プラスの電源をつないで、もう一方の端が、どこかボディーに不用意に触れてしまうと、ばちばちと火花が散ることになります。当たり前のことですが、アーシングなどマイナスコードをどうこうするのに較べ、プラスのコードの接続には、やはり、気をつけないといけません。


同じ製品なのに

 後日談になりますが、普段乗るのをいやがっている妻(さい)が、たまたまやっと乗ろうとしたと思ったら、いきなり家の前の塀にぶちあてて、このフォグランプを割ってしまいました。
 同じやつならねじ止めだけで付け替えることができると考えて、探せども探せども、ありません。先週見たはずなのに、売り切れたようです。
 あきらめていたところ、同じ安売りの系列店があるのを思い出して行ってみると、ありました。
 ネットで売っているよりも安く、1,000円ほどなので、バルブだけ買うのとほとんど変わりません。それでリレー・スイッチがついてくることを思えば、「もう一つ予備に買っとこうか」などと、ばかなことを考えてしまいます。
 探しまくって、本体の値段以上にガソリン代を使った後ですから、この衝動はとっても強いものです。
 それをなんとか押さえて、買って帰って、いざ付けようとして、付きません。
 見かけはほぼ変わらない大きさですが、取り付けステーの幅がかなり違います。結局、ステーを替えないといけません。ところが、ステーの両面テープが、これがまた取れない。次に付けることができるように、きちんとのりをとってしまわないといけないので、新しく取り付けるよりも大変な手間です。
 これに何時間もかけて、不毛な努力の末、やっと元通りに復旧したのでした。

 同じ商品でも、OEM先の都合か何かで、メーカーも微妙な仕様変更をしているようです。
 

 <  ・ヘッドライトの黄ばみ取り  |  車 総目次  |  ・オートライト化(ハイゼット)  > 

         


https://www.neko01.com/car/light/post-24.php 
このページのトップへ↑
このページについて

 このページは「自分の車は自分で把握!」の記事のひとつです。
 ユーザー車検や、ナビの取り付けなど、DIYをすることで、もっともっと車に親しみましょう。
 ブログ用の目次は、別に用意しています。

メールマガジン
スポンサードリンク
リンクについて
 本ホームページのリンクには、楽天アフィリエイト、他のアフィリエイトリンクが含まれています。