Top  > > ライト関連 >  シルビアのヘッドライトの黄ばみ取り

 <  ・HID取り付け(シルビアS14)  |  車 総目次  |  ・フォグランプ(ハイゼット)  > 

シルビアのヘッドライトの黄ばみ取り

クリックすると拡大画像を表示します
 HIDなどを付けて久々にシルビアをいじっていると、ヘッドライトがかなり黄ばんでいるのが気になります。17年目の車ですから、このようになっても、致し方ないのかもしれません。
 しかし、レンズが黄ばんでいるのに、6000Kですから、青白い光です。
 聞いてみると、車屋でも、カー用品店に売っているようなヘッドライトの黄ばみ取りというのを使うようなので、買ってきてやってみました。


 作業は簡単で、ライトは付いたまま、ワックスのようなものを塗り込むだけです。結果は、写真の通りです。液を塗り込んでいる最中は、「それほど黄ばみが取れないじゃあないの」というような気分でしたが、よく見てみると黄ばみが少し取れているような気がしてきます。

 いくらか作業をして離れてよくよく見てみると、まあまあ白味が戻っているようなので、この辺で作業を終了しました。


 洗車・ワックスを塗って、写真を撮ろうと、改めて前側からよくよく見てみると、かなり白さが戻ってきているのが分かります。

 <  ・HID取り付け(シルビアS14)  |  車 総目次  |  ・フォグランプ(ハイゼット)  > 

         


https://www.neko01.com/car/light/post-27.php 
このページのトップへ↑
このページについて

 このページは「自分の車は自分で把握!」の記事のひとつです。
 ユーザー車検や、ナビの取り付けなど、DIYをすることで、もっともっと車に親しみましょう。
 ブログ用の目次は、別に用意しています。

メールマガジン
スポンサードリンク
リンクについて
 本ホームページのリンクには、楽天アフィリエイト、他のアフィリエイトリンクが含まれています。