輸入LED電球の口金

E26 LED電球の口金

 何もLED電球だけには限りません。電球の口金の話です。しかし、日本で売られている照明器具と電球とを組み合わせて使う場合には、ここで書くような話は、一切考慮する必要はありません。
 通販を利用して中国などから、LED電球や、電球を取り付けるソケット式の照明器具を購入しようとする場合に気になってくることを、書いておこうと思います。

日本の電球の一般的な口金はE26

 日本で流通している電球の一般的な口金は、直径26mmのE26というやつです。
 ところが、AliExpressなどで売られている電球の口金はE27。口金のサイズを一生懸命に見るのは、通販の時だけなので、E27というのが日本でも流通している一般的な電球のサイズだと勘違いしていました。
 ところが、amazonなどでE27で電球を探しても一向に出てこないので、改めて調べてみて、上述のように日本の口金は、E26であるということが判明した次第。
 E27というのは、中国など海外での一般的な口金の規格だそうです。
 なんともお粗末な理解の仕方だったこと。冷や汗。

実際に試してみて、全く違和感は感じない

 E26とE27との違いを、仕様上で比べてくれている人がいます。
 この方の説明通りなら、ネットのQ&Aなどでまことしやかに書かれているような、「直径が1mmの違いで、E26の器具にE27の電球を取り付けると、ちょっときついかもしれない」というのは、そこまでの誤差ではないようです。
 電球の真ん中接点部分の長さの違いなどは、器具の出っ張りで解消されてしまうので、ほとんど問題になることはないはずです。
 問題になるのは、ねじの低いところの高さの違いで、厳密にいえば、規格が違う製品どうしですから、これらを組み合わせて使うのは避けた方が無難なのでしょうが、ねじ込み式という製品の特長や仕上がりの誤差などを考えると、この方のおっしゃる通り、これらを組み合わせて使っても、さほど問題がないような気はします。(ただし、使用は自己責任でお願いします)
 実際にうちにある日本の器具に、E27の電球を試しにねじ込んでみても、取り付けしにくいとか、取り外しがきついとかいった違和感は、全く感じません。最後までねじ込めば、ぐらつくこともありません。
 当然、きちんと点灯もします。

電圧・周波数には注意

 海外製は、200V仕様の製品が多いので、電球を購入する際は、100Vで使える製品を選ぶように気を付けましょう。
 周波数も、50hz・60hz共用のものが多いですが、まれに50hzだけの記述しかない製品もあります。


タイトルとURLをコピーしました