Top>電子工作 > オーディオ関係 > スピーカーエッジ交換

スピーカーのエッジを交換しよう

スピーカーエッジ交換
 私のONKYOの古いスピーカーを持ち歩いていると、何か黒い紙のようなものが落ちていました。「何だろう」と思っていると、これはスピーカーのエッジが破れて落ちていたものでした。
 さすがに何十年も経つと、スピーカーの周辺を覆っている紙のようなエッジが、ダメになって破れてしまうようです。
 最初、破れたスピーカーだけを新品に交換しようかとも考えましたが、中国製でも新品は3,000円ぐらいします。もっと調べていると、破れたエッジだけを交換することもできるようなので、中国からエッジを注文してみることにしました。2つで3ドルほどなので、これで、きちんと修復できればうれしいです。
 私のスピーカーに合うエッジのサイズは、4.5インチです。
 エッジは、小さい封筒に入って半分折れたような状態で届きました。折り形が付いてしまっているような気がするので、これで本当に、きちんとした状態で貼れるのかしらん。

うまく張るのはなかなか難しい

 接着には木工用ボンドを使っていらっしゃる方が多そうなので、うちにある18年ほど前の木工用ボンドを使いました。半分固まりかけているような代物なので、「どうかなあ」と思いつつ使っても、やっぱりうまくはいきませんでした。
 気を取り直して、100均でセメダインのボンドを買ってきてやり直しました。接着する側とされる側、双方に多めに塗って、あまりじたばたせず、少し乾いてきた頃に貼り合わせるのがいいようです。
 コーンに付属のエッジは、手であらかた取った後、ハサミで切りました。枠に残っているエッジは、ドライバーで全てこそげ落としてあります。
 最初にやった方は、あまりうまく接着できず、ボンドがあちこちついて悲惨な出来ですが、2つ目の方はもう少しは見られる状態なのではないでしょうか。大金をかけて修理するようなスピーカではないので、これで良しとします。
 とりあえずはこれで、きちんと音は出ているようです。

スピーカーエッジ交換