Top>電子工作 > LED関連 > クリプトン球LED改造

クリプトン球(豆電球)をLEDに改造

蛍光灯懐中電灯LED改造1 蛍光灯懐中電灯LED改造2 蛍光灯懐中電灯LED改造1 蛍光灯懐中電灯LED改造2

 6Wの蛍光灯が付いた懐中電灯を、LED仕様に改造した際、蛍光灯部分はLED化するとして、懐中電灯部分をどうするかが懸案でした。

 懐中電灯部分も本気で使いたいなら、左のDC3~18というやつを買えば、電池2つのやつから6つのやつまでどれでも球を変えるだけで対応できるし、まあ明るいので、お勧めです。
 でも、懐中電灯部分をあまり使わないのであれば、それにこれだけのお金をかけるのももったいない気がします。
 そこで、人感センサーLEDを作ったときに、取り外したLEDが4つも余っているので、あまり使うことがない方の懐中電灯用には、クリプトン球の改造をしてLED化してみました。
 所詮100均の懐中電灯から取り外したLEDですから、もちろん上のDC3~18の方が少し明るいです。でも、元々のクリプトン球よりはそれでもかなり明るくなりますから、取り換えてみるだけのこともあるのではないでしょうか。
 最近のLEDの白色に慣れてしまうと、従来の電球は、黄色すぎて暗く、使う気にはなれません。
 上のような蛍光灯付きのライトだけでなく、単1電池を使うマグライトのようなものでも、同じ改造で簡単にLED化できます。明るさや手間なしを選ぶか、コストを選ぶかで、どの球を使うか決めればよいでしょう。
 なお、LEDは極性を合わせないと点かないのが普通なので、自分の持っている懐中電灯で使えるように電球の極性を合わせる必要があります。
 DC3~18は、ユニバーサル極性と書いてあります。
 また、9V専用球でも、0.5Wの電力の小さな球は、暗くて使い物になりませんでした。値段は
DC3~18でも、0.5Wのやつでもほとんど変わらないので、電力の小さいものは購入を避けましょう。

改造方法

クリプトン球LED改造1 クリプトン球LED改造2 

 4.5V用には、元の100均の懐中電灯から取り外した抵抗をそのまま使います。22Ωがついていました。
 9V用には、47Ωくらいの抵抗を使ってみました。余裕をもって100Ωにしても、結構明るいです。
 改造の仕方は、まずクリプトン球のガラスを、袋の中などでラジオペンチで挟んで思い切って割り、上に飛び出したガラスや、中の電球のフィラメントなどをできるだけ取ってしまいます。そして、真ん中に抵抗を通して接点をはんだ付けしなければならないので、内側から1mm程度の穴をあけます。抵抗が挿入出来て、抵抗のリードを外からハンダ付けできれば十分です。100均などで売っているハンドドリルが使えます。
 あまり大きい穴をあけようとしたり、力を入れすぎたりすると、真ん中の電極まで壊れて取れてしまいます。それでも、ハンダで中央電極の部分が成形できれば、どうにか使用できます。写真の電球も、電極が取れてしまったものに、ハンダを盛って、電極のような形を後付けしています。
 +-どちらを中央のぼっち部分に接続するかは、懐中電灯の装置によって異なります。結構、中央がマイナスになっている懐中電灯があるのは意外でした。LEDは、極性を合わせないと光らないので、必ず確かめてから、工作に入りましょう。
 中央部分にする方は、LEDの足をほとんど短く切って、そこに抵抗をはんだ付けします。それを、熱収縮チューブなどで絶縁します。元のクリプトン球の絶縁がかなり残っているはずなので、絶縁しなくても大丈夫のような気はしています。
 外側の方の足は、LEDからすぐに直角に曲げておきます。
 まず、真ん中の抵抗を付けた足を中央穴から外に出し、LEDが歪んで取り付けられることがないように注意しながら、もう一方の足を外のソケット枠にハンダ付けします。それから中央部分の接点を外からはんだ付けして完成です。
 中央の電極部分が取れてしまっていても、ハンダで中央電極のようなものを成形して作ってしまえば大丈夫です。
 ステンレスのハンダ付けには、ステンレス用のフラックスを使います。
 全部ハンダ付けをしてから、LEDが点灯しないと、やり直すのがたいへんですから、中央接点部分をはんだ付けする前に、球の外枠と、中央接点の所から出ているリードとで、LEDの点灯確認をしておいた方が、手順としてはいらぬ手間を省けます。
 抵抗を押し込む際に力を入れてやると、リードが根元の所で取れてしまうということが何回かありました。

電池4本用にも22Ω

 電池4本用にも22Ωの抵抗くらいでよさそうです。1.2Vのニッケル水素充電電池だけではなく、1.5Vの普通の電池でも、なんとかこれでいけるのではないでしょうか。
 売っているデータをざっと眺めてみると、8mmの麦わら帽子LEDは、大体3Vから3.4V、150Aくらいは大丈夫のようなので、結構電流を流すことができるようです。
 抵抗の値が分からなくて、やり直すうちにLEDを壊したりして、まだ新たに使う機会もあるでしょうから、8mmLEDの予備を100個ほど別に注文してしまいました。
 こんなにたくさん、何に使おうかしら。

3V用には抵抗なし

 PETZLの単3電池2本仕様の山用ヘッドランプは、スクリュー式の豆球がついていました。これも暗くて使う気になれなかったので、同じやり方で、抵抗無しで直結してみました。
 抵抗を入れると、暗くなりすぎるようです。
 ニッケル水素電池では電圧が低すぎて光らないので、普通の乾電池を使います。
 ただし、この3V用には、次項で書いたように、ジュールシーフを使った改造の方がより実用的です。