Top>電子工作 > LED関連 > 人感センサーLED2

「COB クローゼットライト」を人感センサー付きに改造

COB クローゼットライト
 100円ショップのダイソーで売っている「COB クローゼットライト」。前ページで人感センサーを取り付けた「2WEY角型懐中電灯」よりもうちょっと明るいし、薄型なので、こちらの方が使い勝手がよさそうです。これを、人感センサー付きに改造してみます。
 使用電池が単4電池3本なので、電池のもちだけが心配ですが。

 基本的な改造の考え方は前項に書いたので、ここでは違う所だけを説明します。

本体改造の仕方

COB クローゼットライト人感センサーLED改造写真図
 スイッチがスライド式なので、スイッチ本体だけをライト本体の横に移設して、グルーガンをたっぷり流し込んで固めます。
 スイッチの横に隙間があり、そこにグルーガンが流れ込んでしまうと、スイッチが動かなくなってしまうので、セロテープなどで覆って、保護しておきます。
 プラス電源から、直接このスイッチに入れ、出たところを、LEDと人感センサーとの電源にします。

COB クローゼットライト人感センサーLED改造写真図
 人感センサーを設置するのは、スライドスイッチを動かすために大きなプラスチックの部品が取り付けてある長方形の穴の中央部分です。ここに、センサーの半球部分が入るだけの穴をあけると、うまいことセンサーが固定されます。収まりがいいので、改造したという違和感は全くありません。


穴あけステップドリル

 センサー用の大穴あけは、中国製の安物ステップドリルです。こんな安物でも、あるのと無いのとでは大違い。結構いろいろなところで役に立ちます。

なぜかうまく働かない(回路)

 「2WEY角型懐中電灯」と同じ回路にすればうまくいくはずだと思っていたのに、なぜかこちらの方は、それでは人感センサーがうまく働いてくれませんでした。
 考えられることと言ったら、LEDに電流制限抵抗がかませてあるぐらいしか違いが見つからないのだけれど、どうすればいいのでしょう。

人感センサーLED回路図

 ということで、こちらの方は、LEDに42Ωの電流制限抵抗がかませてあるので、それを元に電流を予測し、ベース・エミッタ間(①③)に1KΩの抵抗、ベース(③)から人感センサに向けての端子に100Ωの抵抗を挟んでみました。(200Ωくらいでもいいような気はするけれど、試してない。)
 ついでにこれと並行して、何Fのコンデンサをかませればよいのかよくわかりませんが、とりあえず気休めに15PFのスピードアップコンデンサを入れてあります。
 これで、夜間の人感センサとしては動くようになりましたが、それでも、なぜか、一度消灯してからの再点灯に数秒の不感応期間がどうしても発生します。
 前回改造したLEDではそんなことはないので、これを解消するにはどうしたらよいのか、まだよくわからないところです。

cdsは暗抵抗1MΩを取り付けるだけ

 「2WEY角型懐中電灯」の時には、cdsを取り付けただけでは、うまく夜間照明として反応しませんでしたが、こちらの方は暗抵抗1MΩのcdsをそのまま取り付ければ、それだけでうまく反応しているようです。(上の写真では、cdsから外付けにして半固定抵抗が伸びていますが、これは不要でした。)
 これも、何が違うんですかね。人感センサーの購入先が違うのか。不可解!