写真 Top

Top | 写真 | カラー自家現像

写真の趣味は金食いだ

 ヘタなりに、写真の趣味を長年続けてきました。先日これまでカメラにかけたお金を計算してみて、愕然としました。私がカメラを初めて購入したのは、1986に発売されたNikon最初のオートフォーカスカメラ、F501。以来40年近く、新車が1台買えるほども使っています。
 F501は、MINOLTAのα7000の快進撃を前にして、Nikonが大急ぎで間に合わせた機種でした。当然その後すぐにF801なども出て、すぐに旧機種になってしまいました。合わせて買った70-210 F4のレンズも、すぐにもっとスマートな方に変わって、これもすぐに旧機種。今考えれば、私が持っているヤツのほうがF4通しですから、大きさはともかく良かったのかもしれませんが、その当時はそんなことを考えてみもしませんでした。
 35-70も、画角が28mmからのものが出てきて、これも羨ましい限り。
 そもそもカメラを買おうとして、リコーのXR-Pを買おうとしていたところ、知り合いのカメラ屋さんにおまかせしていたら、「カメラはNikonが一番信頼できるし、これからの時代はオートフォーカスでしょう」ということで、手渡されたのが、F501でしたが、予算の3倍近くの20万円以上かかって、手に入れたのがすぐに旧機種ですから、悲しいものがありました。

 それでも、新しい機種を手にしても、写真の腕が良くなるわけでもなし、そうそう新しいカメラを買うわけにもいきませんから、F501をずっと使ってきて、世の中がデジカメに移行しようとしている中、F100が中古でかなり安くなってきた頃、やっと2台目のNikonを買って、これは大層持っていて満足できるカメラでした。
 この間、出入りしていた別の写真屋さんに、カメラの写りはCONTAXが格別だというような話を聞いて、167,159,137,RXなど、安いのを時々で手に入れるも、肝心のレンズはほとんど持ってなくて、マニュアルのピント合わせもなかなか苦しむ始末。
 それでも、触ったかどうかわからないうちに切れる電磁シャッターの感触と、CONTAXの赤みがかった色の美しさに惹かれていたので、2004年、2006年やっとのことでオートフォーカスのN1を手に入れて、「これからはCONTAXで全部統一していくぞ」と思っていた矢先の、京セラのカメラ廃業。MINOLTAのような身売りもなしで廃絶。
 NikonのD100などとても買えたものではないので、当然横目で見ながら、みんながデジカメに移行していってずっと後の2004年になってやっと中古のMINOLTA dimage7iを手にして、これはこれで、よく映るカメラではありました。でも、いま流行りのミラーレスの元祖のようなカメラですから、当時の液晶技術では、マニュアルのピント合わせなど、できるような製品ではないわけで、自分ではほとんどマニュアルのピント合わせなどしない、できないくせに、「カメラはやっぱりす通しのガラスを通してファインダーを見ないと」という信仰を持ってしまいました。

 それからまた数年後、Nikonのカメラがほしいとは思いながら、古いAFレンズを使える機種は高すぎて買えないので、2008年、Canonの40Dのキャシュバックセールのときに、やっとデジカメ一眼の新品を買う決心が付きました。これもすぐに新機種が次々と出てきて、買い換える余裕もなく何年も使い続けていますが、10年以上たった現在ネットで見ていると、この機種の評価が意外と高いのには、びっくりです。現像屋さんに、「こんなによく映るカメラはなかなかない。何か?」と聞かれたことがあって、「いやあ、旧機種なんです」とその時は答えたのですが、今になってみれば、画素数と画像のクリアーさは別物で、40Dは結構良かったのかもしれません。
 ただ、40D当時のカメラは、高感度は使えず、流石にストロボ無しで、室内を撮影することは無理でした。

基本カメラは2台持ち

 高倍率ズームレンズはなかなか高くて買えないのと、「高倍率ズームは解像度があまり良くはないだろう」という思い込みがあることとで、私は安物のズームレンズ2本を使っています。
 レンズ2本をとっかえひっかえ使うのは、カメラにゴミが入りやすいし、面倒なので、私はいつも標準系と望遠系のズームレンズを付けたカメラを2台持ちすることにしています。こうすれば、電池が切れたときに、レンズだけを入れ替えて使えるので、保険の意味もあります。
 こんなわけで、マウントを変えるたびに、標準系と望遠系の安物レンズばかりを揃えるので、一向にレンズを変える良さというのがわかりません。もっと高級レンズでも1本揃えれば、レンズの良さもわかるのでしょうか。

 40Dは良いカメラですが、高感度撮影には弱いので、室内でストロボ無し撮影をしたくなります。40Dがあるので、今更中級機種をもう一つ揃える気にもなりませんから、2台持ち用にEOS Kiss X7を2014年にもう一台購入しました。

ちょっとした旅行に一眼2台持ちは厳しいぞ

 ちょっとした旅行に一眼レフ2台持ちは仰々しいので、もっと小さいカメラも欲しくなります。
 一台は、単3電池が使えるコンパクトデジカメ。FUJIFILMのAV150。最近のカメラはすべて専用バッテリーなので、いつまでも使えるわけには行かないので、単3が使える安物をキタムラで見かけて入手しました。

 もう2台は、2012年、NikonのJ1V1。Canon40Dだけでは、高感度に弱いのと、スキーの動画を取ろうとすると、液晶は見にくいので、ファインダーで対象を追いかけたいということで、この2台持ちにしました。
 最初、110フィルムを使える小型一眼レフの、Qのイメージがあって、PENTAX ミラーレス一眼 Qにしようかと思いましたが、撮影素子が小さいので、形の魅力よりは、実質を優先してNikon 1シリーズにしました。
 ところがこれ、2018年には、このシリーズが開発終了になってしまいました。Nikonのことだから、このシリーズも大切にシリーズ化して育てていくのだろうと思っていたのに、なんとも言えずがっかりです。

中判カメラは買っただけのような

 みんながデジタル化していって、フィルムカメラが投げ売りされる中、中判カメラも買ってしまいました。Mamiyaの645ProPentax67Ⅱ(通称バケペン)。645Proは買って裸で持って帰る途中に、早速ファインダーの上面に傷を付けてしまうし最悪です。でも写りはいいみたい。
 これらは買ってみたものの、645Proは数回。Pentax67Ⅱに至っては、新品級のを手に入れるも、1回も持ち出すことなく、完全に防湿庫の場所ふさぎとなっています。

ビデオカメラも買っても殆ど使わない

 スキーの動画撮影のため、FUJIFILMの高い8ミリビデオも買ったりしましたが、他人の動画はきれいに撮れても、自分は一向に良いように撮ってはもらえないので、数回持ち出しただけで、バッテリーが使えなくなっています。
 令和2年(2020年)になってまた、JVCのEverioR GZ-R470を買うも、シーズンでもなし、まだ一回も持ち出してはいません。これ、果たして電源が今も入るのかしら。まだ一回も試し撮りもしてないぞ。

これに現像関係が加わるととんでもない

 身の回りに現像のことを聞ける人もいず、本だけを頼りに現像を始めたので、現像機LuckyのV70-D colorなども新品で揃えたので、現像関係も加えると大変です。今なら、多少知識があるので、オークションなどで揃えるとかなり割安で手に入れられるのだけれど。
 後で2011年にLPLカラー引伸機C7454の未使用品を買って、これもまだ組み立ててさえいないぞ。
 もう薬品など手に入らないかもしれない。やれやれ。

最近またカメラの物欲病が

 令和2年、身の回りに、TAMRONの18-400を売って、SIGMAの17-70mm F2.8-4 や150-600mm F5-6.3を買ったとかいうやつが出現して、最近ちょっとまたカメラの物欲病が激しくなって、最初のカメラとバケペンⅡ、それに現像機購入2回以来、久々に20万単位の大人買いを色々としてしまったので、上の「これまでカメラにかけたお金」を振り返って恐ろしくなった次第です。
 一つには、40Dのキットレンズの17-85のフレキが切れて、望遠側のAFがジーコジーコいうだけで効かなくなったので、それをどうするかという問題を、ここ2年ほど放置したままにしていました。
 流石に、kissのキットレンズに今更戻る気にもなれません。(撮り比べて、違いを確認したわけではないのですけれどね)
 よくよく後から調べてみると、フレキを自分で換えれば修理できそう(失敗しました)なのですが、修理に出して1万円以上出すくらいなら、15-85や18-135を2万円で買ったほうが満足感が高いのではないかということで、手に入れました。最初35ミリ換算の24ミリが使える15-85を買ったのですが、2万円くらいならこれ一本でも旅行に持ち出せそうな18-135も買っちゃえ買っちゃえということで、買ってしまいました。
 流石に最新型のレンズは、AFの合焦が早いです。

 もう一つ色々ネットを見ていると、100-400の旧型直進ズーム白レンズがいいようなことが書いてあるので、これなら私でもなんとか手が出せそうな値段ですし、最近TAMRONのSP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)が何となくおかしくなってきているような気がすることもあり、清水の舞台から飛び降りるぐらいの勢いで、衝動で買ってしまいました。
 これ、旧型でもやはり写りはいいです。とっても重いですけど。

 それからNikonD610。Tokinaの古い2.8レンズなどだけで、いいレンズは殆ど持ってはいないので、Nikonの古いレンズなど使えてもしょうがないとは思うものの、根っからの貧乏性なので、やはり手持ちのレンズでも撮ってみたかったりします。それで古いレンズが使える中古をずっと物色していたわけですが、aps-cは画角が変わってしまうし、今一歩踏み切れていませんでした。ところが、フルサイズで、しかも24-85 VR レンズ付きで7万ちょっとなら、ちょっと予想外の安値なので、まだちょっと高いですが飛びついてしまいます。
 これにNikon用のレンズコンバーターなど細々としたものも揃えます。

 それにAF-S NIKKOR 50mm f/1.8G フルサイズ対応 AF-S 50/1.8G。50mmがよいよいと言われるので、使いもしないくせに買ってしまいます。

 ついでの勢いで、Nikon 単焦点レンズ 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8。生産中止なので、新品が安価ならついでに買っとくかという感じです。
 まだまだ物色しているとSONYのα7以降なら、CONTAXのNシリーズのレンズが、コンバーター使用で使えるそうな。コンバーターが5万円くらいしますが、AFも結構良い動きをしているようです。CONTAX D1は今でも高いし、ボディー内手ブレ補正などが使えるα7Ⅱの方が遥かに性能は上でしょう。
 というようなわけで、喉から手が出そうなところですが、もう20万以上使って、NikonのD610も買ったもののまだ全く使ってはいないので、今回は置いておくとしても、いずれそのうちもうちょっとα7Ⅱが安くなったら、絶対に買っちゃうでしょうね。何年先になるかは別として。

Top | 写真 | カラー自家現像
タイトルとURLをコピーしました