メンテナンス・修理

金具取り付け

2021.6.23 

ドライバーの種類が違った

 最近のスキーは、専用金具がついている状態で売っていることがほとんどなので、金具を自分で取り付けることは少ないと思います。ですが、手持ちの金具を別の板に付けたいと思うような場合もたまにはあります。
 それで、うまくいったり、いかなかったり。過去には色々な経験をしましたが、金具の取り付けでどうもしっくりいかなかったのが、どのドライバーを使えばいいのかということでした。
 手持ちの色々なサイズ、メーカーのドライバーを使っても、なんかぴったりとネジ穴にはまっていないような違和感をいつも感じながら、これまでプラスドライバーで作業をしてきました。
 でも、それがそもそもの間違いだったんですね。スキーの金具に使われているネジは、一般的なプラスネジではなくて、ヨーロッパで使われることがあるポジドライブというものなのだそうです。スキーやスノーボードのビンディングだけでなく、ヨーロッパの車などにも使われ、なんと、IKEAの家具に使っているネジは全部ポジドライブなのだそうです。
 見分け方は、+の表示に更に斜め4方向にバッテンがあります。(リンクページに図解あり)

ポジドライブビット

 このポジドライブのドライバーの詳細については工具の記事に移しました。

ネジ穴をなめちゃった

 以前にも、子供用のスキーの金具を取り付けようとして、ネジ山をなめてしまい、急遽用具店に持ち込んで、取り付け直してもらったことがありました。今回も板だけ買ってきて、手持ちの古いフリッチ ディアミールチターナルを取り付けようとして、またネジ山をなめてしまいました。
 このネジ山の修復、J-Bウェルド AW-20Z オートウェルドというやつを使うといいようです。ちょっと高いですが、金属の補修などにも使え、ねじ切りも可能です。
 エポキシパテ水中用というのを使おうかと考えていましたが、それよりはかなり強度があるようなので、こちらのほうがいいようです。

薄手の板に金具取り付けは要注意

 買った板はアトミックの BACKLAND 78 と 85 ですが、78 の方に古いディアミールを取り付けようとして、間違ってスキーストッパ用の細くて長い方のネジで金具を締め付けたら、ネジが長すぎて、スキーのソールが一箇所少し浮いてきました。
 85の方も古いテレマークのBlack Diamondのケーブル式ビンディング(ピッドブル2)を取り付けた所、これも少しネジが長すぎたようで、後から見てみると、スキーのソールが少し浮いています。
 どれもこれも失敗作です。店屋なら売り物にもならず大損のところ。せっかくの新品の板が、「あー-ーあ!」ですが、自分でやったことなので仕方ない。スキーのソールの方をヤスリで削って、平にすることでごまかすことにします。
 これらの板はとても薄いので、金具の取り付けにはネジの長さを見ておいた方が賢明でした。

タイトルとURLをコピーしました