テストリード修理

テスターのテストリード修理

 左の写真のようなテスターを、「安いな」といっては買ってきて、昔ながらのアナログ式のテスターも持っているのに、もう何台も持っています。
 これ、とても使い勝手がいいのですが、テストリードが思いのほか早くちぎれてしまいます。昔のアナログ式のテストリードなら、ねじ込みがあってハンダ付けし直せば終わりだったのに、最近のやつはねじ込みなどなく、先っぽがちぎれてしまうと、もうどうしようもありません。
 それに部品店などで売っているテストリードは、それだけで、写真のような中国製なら本体ごと買えてしまう以上の値段です。
 そこで、「どうしようかな」という所ですが、先の方はいっそのこと100均などで売っているミノムシクリップの小さいやつを付けてみることにしました。
 これは、ミノムシクリップでテストリードを固定して使いたい場面も結構あるので、テストリードに改めてミノムシクリップを挟む手間が省けるので、思いの外使えます。
 物に当てて使う場合も、ミノムシクリップなら、さほどかさばってもいないので、まあ使えないこともないです。
 細いリードの方が使いやすい時には、壊れていないテスターを使えばいいことですし。

根元の方はニッパーで横から少し剥いで

 本体に差し込む方が根元のプラスチックからすぐのところでちぎれた場合は、小さいニッパーなどで、プラスチックの所を横から少し挟み込んで切ってやれば、コードがうまいこと出てきます。それの皮を剝いで芯線を出します。熱収縮チューブの太いのと細いのとをあらかじめコードに差し込んでおいてから、これにはんだ付けをします。
 その後、熱収縮チューブで接合部分を保護します。プラスチック部分が太いので、熱収縮チューブを2段階で覆ってやらないと、うまいこと補強できません。
 改めて記事にするほどの内容でもありませんが、テストリードのちぎれたやつを一時「どうしてやろうか」と考えていたことがあったので、とりあえず記事にしてみました。

タイトルとURLをコピーしました