マウントアダプター

レンズマウントアダプター ヤシカ・コンタックスレンズ→ ニコンFマウント変換

 K&F Conceptの、ヤシカ・コンタックスマウントレンズ を ニコンFマウントに変換するレンズマウントアダプターを買ってみました。
 CONTAX 85mm F1.4 などを取り付けると、ピントリングをどのように回しても、画面が白く濁っていて、カメラ側では合焦しているという表示が出ることもあるのに、「何だこりゃ、不良品か?」と思った次第です。
 ところが、液晶表示に切り替えて、画面を拡大してからピントを合わせてみると、きちんと画面が表示されて、ピントが合う瞬間がありました。F1.4ぐらいになると、カメラ任せのオートフォーカスや、ファインダーからのピント合わせなどでは、とてもピントを合わせられる世界ではありませんでした。撮影された画像を見ても、1センチの距離で、もう既にボケてきています。
 F1.4の世界というのは、すごいなと思う一方、これまで、ピント合わせができるように、映る範囲を液晶からではなく直接見ることができる一眼レフにこだわってきたのに、それもまたいらぬこだわりであったかという認識を新たにしたところです。
 どうせオートフォーカスを使うなら、ファインダー画面など、適当に見えればいいわけで、さほど一眼レフというものにこだわることもないのかもしれません。
 だからこそ世の中、プロ仕様も全てミラーレスに移行していく流れなのでしょう。ミラーレスなら、これまでよりもレンズをかなり小さくできますしね。
 私にとっての利点は、ミラーレスにすると、レンズの口径を小さくできるので、マウントアダプターが作りやすくなる点です。
 Sony用だけでなくて、NikonやCanonにも、CONTAX N 用のレンズをAFできちんと使えるアダプターが、早く出ないかなあ。

タイトルとURLをコピーしました