削除データの復活

削除データの復活 『DiskDigger』

 かなーり昔のことになりますが、パソコンに保存していた写真データが何故か全部消えてしまっていました。それをソースネクストの『救出ファイル復元』や、フリーソフトなどを使って復元しようとして色々とやってみましたが、肝心のデータはほとんど復元せず、おかげで、データが復活できるまで、ハードディスクを少しでも上書きされないために、結局、パソコン1台が、使えないまま塩漬けにされて、放置されることになってしまっていました。
 今回、別のUSBもCanonのRAWデータを読み込もうとしていたら、ほとんどのデータが消えてしまうという事態にまた遭遇して、色々なソフトで復活を試みて、『DiskDigger』というソフトで、かなりなデータが復元できて、やっとパソコンの塩漬けから開放されそうなので、その記録を書いておきます。
 『EaseUS Data Recovery Wizard Free』のように、「無料」というのでダウンロードしたら、長々とスキャンがかかって、いざ復元しようとしたら、数回お試し画面が出たかと思ったら、すぐに有料画面に飛んで、結局一つも復元できなかった、というようなだましのようなソフトがたくさんあります。それも、わらにもすがる思いでいる時なので、少々の金額なら、払ってしまいそうになりますが、べらぼうな金額のソフトがほとんどです。
 これまでそういう思いをして、でも、「どれだけ復活できるかわからないのに、そんな大金はやっぱり払えないよなあ」ということで、すんでのところで踏みとどまっていました。なにせソースネクストの有料ソフトですら、ほとんど復元できなかったので。
 ところが今回『DiskDigger』を試してみて、無料版は、1枚1枚ファイルを指定して、それからまた、少し待ってからしか復活できませんが、それでも子どもの小さい頃の写真を見事に復活することができました。そして、スキャンによって、プレビュー画面にではありますが、なくしていた写真が、次々と表示されていくではありませんか。
 私は、写真のデジタルデータを全部ハードディスクに保存していて、一切バックアップも取ってはいなかったので、家族写真のデータなども、全て消えてしまっていたので、このような写真が1枚でも復活できるというのは、少々のお金には変えられないほど貴重です。写真はさかのぼって撮りに行くことは不可能ですから。
 それで、これの有料版ですが、私のときは割引価格になっていたのか、1,580円でした。
 これでなくしていた子どもの写真が多く復活できるのなら、迷うことなく即買いです。支払いのメールだけが来て、「ライセンスキーが送られてこないなあ」と思っていたら、注意書きにあった通り、迷惑メールで削除されたところにありました。
 なにせ英語ばかりのメールですから、送られてすぐ削除フォルダに移動してしまうのは仕方がないです。
 ただ、『DiskDigger』はフォルダーの構造までは、復活できそうにはないので、それはRecuvaなどの別のソフトで、復活させておくほうが良いかもしれません。

ファイルの分類

 複数のファイルが、フォルダの中に一緒くたになって復活されたファイルは、日付別フォルダに保存し直したほうが、整理しやすいです。
 それをするのに、『簡単デジカメ写真整理』が便利です。撮影日順にフォルダを作って、写真を整理し直してくれます。

タイトルとURLをコピーしました