Top  > > ライト関連 >  車中泊用には50cmLEDの方がいいような

 <  ・室内灯・ポジション灯LED化  |  車 総目次  |  ・メーター交換(ハイゼット)  > 

車中泊用には50cmLEDの方がいいような

https://www.neko01.com/kousaku/densi/poto/syoumei/LEDkaityuu/LEDkaityuu1-m.jpg https://www.neko01.com/kousaku/densi/poto/syoumei/LEDkaityuu/LEDkaityuu2-m.jpg https://www.neko01.com/kousaku/densi/poto/syoumei/LEDkaityuu/LEDkaityuu3-m.jpg https://www.neko01.com/kousaku/densi/poto/syoumei/LEDkaityuu/LEDkaityuu4-m.jpg
 6Wの蛍光灯が付いた懐中電灯を、改造したときに使った20cmのLEDを車中泊や、電気が来ていない小屋用にも使おうかと思っていました。
 しかし、さらにいろいろ物色していると、「SODIAL(R) 50CM5630 SMD36 LED白いアルミのライトランプ」というのがありました。
 こちらは、50cmと長いですが、LEDの外枠としてもう一つステンレス製のしっかりとしたフレームがあるので、先の20cmのものよりは、発熱によいようです。
 9Vではさすがに少し暗いですが、ニッケル水素電池8本の9.6Vでも十分実用になるだけの明るさがあり、新品のアルカリ乾電池8本の12.8Vでも、触れないほどには熱くなりません。車中泊用なら、電圧制御範囲が広い分、こちらの方が使いやすいと思います。
 私のデリカD5は、幸い天井にこれを貼るのにちょうどよいプラスチック部分がありますから、両面テープで3か所貼り付けました。
 車中泊用には、バッテリーにつなぐと、車が動かなくなるのが怖いので、単3電池8本用のスイッチ付き電池ボックスを取り付けて、ニッケル水素電池で使おうと思っています。
 バッテリーにじか付けする場合は、発熱が心配なので、貼り付けずに取り付け方を工夫したり、電圧制御をきちんとしたりしておく方がよいです。
 このLEDは、タイラップを巻き付けてコードの抜け防止対策とし、ついでに、中のLEDが動かないようにプラスチックホルダーの内側をグルーガンで固めておきました。
 なお、この商品は、プチプチでくるんだだけのビニール袋入りで配送されます。ですから、下手をしてどこかでちょっと力が不用意に加わってしまうと、曲がった状態で送られてきかねません。このようなお粗末な配送の仕方は、中国様ならではですかね。
 複数本注文した方が、少しは曲がる確率が少なくなるかもしれません。曲がってしまった場合は、また時間はかかりますが、クレームをすると、きちんと対応はしてもらえます。
 その場合でも、返品する必要はなく、曲がった商品も折って使えば部品としては使えるので、部品をただで貰ったぐらいに考えて、気長にやればいいのではないでしょうか。
 中国のAliExpressにも同じような商品がありますが、不良発生の確率と、クレーム対応のこととを考えると、値段がさほど変わらないのなら、amazonからの方がよほど安心です。

車中泊用にダイソー電球型LEDもあり

 今回は利用しませんが、車中泊で使うのに、ダイソー電球型LEDを改造して使う手もあります。昇圧・降圧モジュールを使って、電池で使うなら3本で5Vに昇圧、バッテリーで使うなら5Vに降圧して使います。

小屋用にはどちらを使おうか

 電気が来ていない小屋用には、20cmの蛍光灯付き懐中電灯改造に使ったLEDと、今回の50cmLED、さらに上の電球型、さて、どれを使いましょうか。
 どれもそれぞれに特徴があるので、場所によって選ぶつもりです。

 <  ・室内灯・ポジション灯LED化  |  車 総目次  |  ・メーター交換(ハイゼット)  > 

         


https://www.neko01.com/car/light/50cmled.php 
このページのトップへ↑
このページについて

 このページは「自分の車は自分で把握!」の記事のひとつです。
 ユーザー車検や、ナビの取り付けなど、DIYをすることで、もっともっと車に親しみましょう。
 ブログ用の目次は、別に用意しています。

メールマガジン
スポンサードリンク
リンクについて
 本ホームページのリンクには、楽天アフィリエイト、他のアフィリエイトリンクが含まれています。